グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3M™ フィルム施工液

写真:3M™ フィルム施工液

すっきりクリアに仕上がる!

プロの施工技術者の声を聞いて作った、3Mのウィンドウフィルム用施工液です。

特長

すっきりとしたクリアな仕上がり

水抜けが良く、貼った後の濁りが少ないため、施工後にすっきりとしたクリアな仕上がりが得られます。透明遮熱フィルムの施工にも適しています。

位置合わせがしやすい

フィルムのすべりが良く、位置合わせの際に糊ズレ等の不具合が起きにくくなります。

ウィンドウフィルム施工専門に開発

一般的な中性洗剤と違い、フィルム施工に適した原材料を選んで開発したため、粘着剤に悪影響を及ぼしにくい仕様となっています。

図:使いやすいボトル形状

使いやすいボトル形状

ボトルを握れば、キャップ部分で簡単に溶液の計量が可能。
手や容器が汚れにくい形状です。

スペック

用途 窓ガラス用フィルム施工液【業務用】
種類・形式 液体
内容量 0.8L
成分 非イオン系界面活性剤 キレート剤 水
危険有害性情報
図:危険有害性情報
  • 重篤な眼の損傷
  • 軽度の皮膚刺激
  • 水生生物に毒性
使用方法
  1. フタを開け、ボトルを押して計量キャップに液を出します。
  2. 本液を水500ccに対して8cc~10cc添加して使用してください。(気温に応じて加減してください。)
  3. 使用後はフタをきちんと閉めて保管してください。

※容器を強く押すと、中身が勢いよく飛び出ることがありますので、ご注意ください。

使用上の注意
  • ウィンドウフィルム施工の用途以外に使用しないでください。
  • 施工するガラス面の油分や撥水成分をしっかり除去してください。貼付するガラス面に油分や撥水成分が残ったままですと、希釈を増やしても滑りが向上しない場合があります。その場合はガラス用コンパウンドなどで油膜や撥水成分を除去してから使用してください。
  • ガラス面が熱い時や直射日光下では使用しないでください。
  • キズの原因になりますので、使用前に埃・泥等を除去してから使用してください。
  • 通気の良いところで使用してください。
  • 保護メガネ、保護面を着用してください。
  • 皮膚の弱い方は必ず保護手袋を着用してください。
応急処置
  • 万一飲み込んだ時は、無理に吐き出させずに直ちに医師の診断を受けてください。
  • 誤って眼に入った場合は、直ちに清水で数分間注意深く洗ってください。コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外してください。その後も洗浄を続け、異常があれば医師の診断を受けてください。
  • 誤って皮膚・顔等に付着した場合は、直ちに石鹸などでよく洗い流してください。異常がある場合は医師の診断を受けてください。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は直ちに使用を中止し、速やかに通気の良い所で安静にしてください。気分が回復しない場合は医師の診断を受けてください。
【(公財)日本中毒情報センター】
  • ・大阪中毒110番072-727-2499(24時間・年中無休)
  • ・つくば中毒110番029-852-9999(9時~21時・年中無休)
保管及び廃棄方法
  • 保管の際は必ず密栓し、直接日光の当たる場所、温度0℃以下および40℃以上になる場所を避けて保管してください。
  • 乳幼児の手の届かない所に保管してください。
  • 廃棄の際は中身の液を使い切ってから、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託してください。
  • 希釈液は当日中に使用してください。