グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3M™ スコッチティント™ オートフィルム クリスタリン 90

運転席助手席サイドガラスに適用可能な最高級透明遮熱フィルム

3M独自の技術で、フィルム単体の可視光線透過率91%を実現しながら、暑さのもととなる赤外線(900~1100nm)を92%カット。またお肌に有害な紫外線も99%以上カットし、快適な車内環境の実現に貢献致します。

新車購入時にお取り扱いの自動車ディーラーで施工をいただくのがおすすめです。

新車ご発注時に施工可能な自動車ディーラー

特長

3M独自の特殊構造で、赤外線(IR)を「反射」!

クリスタリンは、200層を超える薄い膜を重ねた特殊構造になっています。その一枚一枚が暑さのもととなる赤外線(IR)を反射します。

図:3M独自の特殊構造で、赤外線(IR)を「反射」

赤外線(IR)のエネルギ-の高い波長域(900~1100nm)を高反射

クリスタリン90は、高い可視光線透過率を確保したうえで、赤外線(IR)を極力カットするような製品設計にしています。クリスタリン40/50/60/70のように、広範囲の赤外線(IR)をカットさせるために赤外線(IR)を「吸収」させる機能を付与すると、可視光線透過率も下がるため、赤外線(IR)の波長域の中でも特にエネルギ-の高い波長域(900~1100nm)を狙って高い割合で「反射」させています。

図:赤外線(IR)カット率の高さの秘密は、「反射」&「吸収」

サーモグラフィーによる温度比較

図:ガラスのみの場合

ガラスのみの場合

図:クリスタリン90を貼った場合

クリスタリン90を貼った場合

実験データ
日時:
2011年2月18日 12時〜13時
場所:
神奈川県相模原市
天候:
気温:
16℃
フィルム:
クリスタリン 90
  • ※ 当社実験による実測値です。諸条件により効果は異なります。

紫外線(UV)を99%以上カット

お肌の大敵、紫外線を99%以上カットし、シミやシワ、日焼けを抑制します。
また、車内の内装やアクセサリーの色あせ、劣化を抑制します。

お財布にやさしい!

車内温度の上昇が抑えられ、エアコンを効率良く使えるようになるので、燃費が改善します。また、UVクリームなど、紫外線対策グッズも不要になるので、お財布にダブルでやさしいフィルムです。

携帯電話やカーナビもOK

電磁波をカットしないので、携帯電話、カーナビ、ETC、TVなどの使用にも影響をあたえません。

ガラス飛散防止対策にも

万が一ガラスが割れた場合、ガラスの車内外への飛散を低減します。

スペック

光学特性

3M™ スコッチティント™ オートフィルム クリスタリン 90
  赤外線
カット率※波長域900nm~1,100nm
赤外線
カット率※波長域780nm~2,500nm
可視光線
透過率
紫外線
カット率
日射
透過率
日射
吸収率
日射
反射率
遮蔽
係数
飛散
防止効果
90 92% 32% 89% 99%
以上
67% 12% 20% 0.81

光学特性一覧

  • ※光学特性は、3mm厚フロートガラスにフィルムを貼付したものを、JIS R 3106に準ずる方法で測定しています。データは実測値を基にしており、保証値ではありません。
  • ※飛散防止効果の○印はガラスの飛散を低減する効果を有しています。

貼付可能な箇所

リアサイドガラス/リアガラス

法律によりフロントガラスに貼れるフィルムの範囲・内容が決められています。

自動車窓ガラスは走行時の安全性を確保するため、フロントガラス、およびフロントサイド(運転席・助手席側面)ガラスにフィルム貼る場合、フィルムを貼った状態でその可視光線透過率が70%以上でなくてはならないと「道路輸送車輌の保安基準」により定められています。自動車の車種によって窓ガラスの可視光線透過率が異なりますので、必ず施工時、車検時に可視光線透過率測定器で計測してください。詳しくは販売店にお尋ねください。

<注意>

製品の仕様及び外観は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。本ウェブサイトに記載してある事項、技術上の資料並びに勧告はすべて、当社の信頼している実験に基づいていますが、その正確性若しくは完全性について絶対的な保証はしません。使用者は使用に先立って製品が自己の用途に適合するか否かを判断し、それに伴う危険と責任もすべて追うものとします。売主及び製造者の義務は不良であることが証明された製品を取り替えることだけであり、それ以外の責任はご容赦ください。本ウェブサイトに記載されていない事項若しくは勧告は、売主及び製造者の役員が署名した契約書によらない限り当社は責任を負いません。