グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

周年事業

周年事業は“なぜすべき”なのでしょうか?

長年にわたる事業の継続の結果、
周年を迎えることが出来たことは御社を取り巻くステイクホルダーのみならず 「社会に対する大きな貢献の証」と考えております。

周年の節目を迎える年は、

  1. 御社の継続的事業の社会貢献度を内外に発信する意義を持つ年であること
  2. 社員、ステイクホルダーの皆様へマネジメントからのメッセージを伝え、自社に対するロイヤリティをさらに高めること
  3. 社員、ステイクホルダー、社会に対して行なう直接的、間接的なコミュニケーション活動であること

周年事業を「好機」として捉えるのはマネジメントの責任です。

取り巻くステイクホルダーの皆様

取り巻くステイクホルダーの皆様:OB、社員家族、消費者、地域住民、地域社会、パート、社員、取引先、株主、取引銀行

どんなことが達成できるのでしょうか?

これまでの感謝、そしてこれからの経営への期待、コーポレートブランド価値の向上と、 ステイクホルダー(株主、従業員、消費者、取引先、地域住民)との良好な関係作りが目的です。

  1. ステイクホルダーとの良好な関係作りで更なる企業ブランド力、信用度が上がります。
    • 継続的な事業運営が企業価値を向上させる
    • 更なる将来性が自社へのロイヤリティの醸成につながる
  2. ステイクホルダーとの良好なコミュニケーション作りが次世代の系譜となります。
    • 安定経営を支える企業理念は経営陣と従業員、ステイクホルダーとの関係強化となる
    • 安定した経営は顧客満足度向上・従業員満足度向上、双方の満足度を高め、結果として、売上向上、顧客数増加へとつながる

周年事業は御社の信頼度を向上させ、
ビジネスの更なる成長に貢献につながるきっかけとなります。

事業目的に合わせた周年事業項目

取り巻くステイクホルダーの皆様:OB、社員家族、消費者、地域住民、地域社会、パート、社員、取引先、株主、取引銀行

周年事業の準備期間

作業時期(月) 18   16   14   12   10   8   6   4   2   0   4   8   12
1社内アンケート・ヒアリング調査 60                                 周年記念日当日              
2周年事業の実施規模、実施概要の検討     30                                            
3周年プロジェクトチーム発足                                                
4周年コンサル会社へ業務委託契約                                                
5事業目標設定             30                                    
6事業内容企画               30                                  
7予算請求、承認                 30                                
8実施日程調整                   30                              
9各種事業の制作、施工             アイテムによる                                    
10周年記念日、式典(キックオフ)                                                
11周年イヤー(各種事業実施)                                       1          
12事業報告と社内外の効果測定                                       30          

詳細項目:

  1. 1 アンケート、ヒアリング項目の作成、対象者選定、アンケート手法検討、実施期間、回収、集計分析、報告
  2. 2 ブランディング、コミュニケーション、ロイヤリティーアップなどをステイクホルダーのどこへ向けた事業を実施するか
  3. 3 各部門内での人選、より多くの部門からメンバーの選出
  4. 4 周年事業のコンサルティングの過去実績、提案内容を精査し決定
  5. 5 目的とターゲットに対する効果的なテーマ、メッセージ、などの訴求ポイントを絞り、達成すべきゴールを設定
  6. 6 ブランディング、CIVI、周年ロゴ、タグライン、社史、WEB、メディアプランなどリストアップ、実施プラン作成
  7. 7 プロジェクトチームごとに出てきた事業企画の予算精査
  8. 8 定例年間行事と調整を計り事業実施計画を策定
  9. 9 各種クリエイティブの制作、印刷、記念イベントの準備
  10. 10 イベント、式典の準備、運営、記念品、配布物の納品
  11. 11 記念イベント、PRイベントを各プロジェクトチーム別に進捗管理
  12. 12 活動報告、PR効果、集客効果、社員の意識調査などによる周年事業の効果測定

3Mの強み

  • 3M MSC 保証プログラム及びパフォーマンスギャランティ
  • 粘着剤システム
  • 不燃対象製品
  • 充実したフィルムラインナップ

事例紹介

  • 看板・サイン
  • 屋外広告
  • 装飾・プロモーション
  • ラッピング

製品説明書

製品説明書

本サイトに記載してある各数値はあくまでも代表値もしくは弊社試験結果に基づく予想される推測値であって、保証するものではありません。
仕様及び外観は予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
本サイトに記載してある事項、技術上の資料並びに勧告はすべて、当社の信頼している実験に基づいていますが、その正確性若しくは完全性について絶対的な保証はしません。
使用者は使用に先立って製品が自己の用途に適合するか否かを判断し、それに伴う危険と責任もすべて追うものとします。
売主及び製造者の義務は不良であることが証明された製品を取り替えることだけであり、それ以外の責任はご容赦ください。
本書に記載されていない事項若しくは勧告は、売主及び製造者の役員が署名した契約書によらない限りは当社は責任を負いません。