窓・ガラス・装飾フィルムを活用した
安全で快適な暮らしを提案するWebマガジン

ウインドウフィルムの大敵「虹彩現象」を防ぐには?

ウインドウフィルムの大敵「虹彩現象」を防ぐには?

ウインドウフィルムによって得られるメリットは様々。製品ごとに備えられる各種の性能により、建物が抱える課題を迅速に、低コストで解決するソリューションとして幅広く活用されています。また、使用方法を誤らない限り、フィルム使用に特段のデメリットがないことも人気の秘密です。
しかしその中で、ウインドウフィルム特有のマイナス面として指摘される事柄もいくつかあります。その一つが、夜間を中心に、部屋の中から、フィルムを貼った窓の表面に虹のような複数の色が映る「虹彩現象」です。

高層マンションで心配の声多数

虹彩現象が問題とされることが多いのがマンションなどの住居。オフィスであれば、多少の虹彩現象があってもそれほど気にならないものですが、夜景のきれいな高層マンションで、透明なはずの窓にまるで油が浮いているような色が見えてしまっては、雰囲気が損なわれてしまいます。
設計担当者の皆様からは、「ウインドウフィルムの貼付により、防犯や飛散防止対策を行いたいが、虹彩現象によってお客様から不満が出ることが心配……」という声が多数寄せられています。

虹彩現象はなぜ起こるのか

まず、ウインドウフィルムによる虹彩現象は何を原因として起こるのか、技術担当者に話を聞きました。

「虹彩現象は、薄い層が重なっているフィルムの構造から起こる『薄膜現象』です。多くのウインドウフィルムは、ガラスに近いほうから、粘着剤、基材であるPETが層をなしています。そして、PETは傷がつきやすいという性質があるため、表面に耐摩耗性ハードコートが施されています。これにより、大きく分けて3層の構造となっています。

虹彩現象の例

フィルムを部屋の内側から貼った場合、部屋の照明器具の光は、まずハードコートの薄膜層に当たることになります。このハードコートの薄膜層は均一に塗工されていますが、ナノレベルでの厚みには違いがあり、この厚みの違いによって反射しやすい光の波長が異なるため、光が干渉し、虹色がフィルム表面に映り込むことになります。この光が、可視光線である380~780nmの波長である場合、虹彩現象となります」

虹彩現象は必ず起こる

虹彩現象は、ウインドウフィルム特有の積層構造を原因として起こることがわかりました。では、この現象を避けることはできないのでしょうか。

「ウインドウフィルムの構造上、薄膜現象自体は避けられないといえます。どのようなフィルムであっても、多かれ少なかれ、虹彩現象が起こっていると言ってよいでしょう。
ただし、これが人間の目に見えるレベルのものとなるかどうかということは別の問題です。光の加減、部屋の状況によっては、虹彩現象がまったく見られない場合もあります。虹彩現象は、蛍光灯とフィルムの兼ね合いによって起こりますので、照明とフィルムの双方から原因を探り、対策を打つことが可能です」

虹彩現象を防ぐためにはどうすればよいか?

では、虹彩現象を防ぐためには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。当社の技術担当者がおすすめするのは、以下の3つの方法です。

1.部屋の照明を変える

虹彩現象が最も起こりやすくなる照明器具は、光の三原色である青・緑・赤の3つで光を作る三波長蛍光灯です。部屋の中から見える虹彩現象は、ほぼこの形式の照明でしか起こらないといっても過言ではありません。
したがって、室内照明を三波長蛍光灯以外のものに変えるというのが有効な方法となります。たとえば、同じ蛍光灯でも三波長タイプの蛍光灯でないものを使うとか、あるいは白熱灯やLED照明であれば、虹彩現象はほとんど見られなくなります。部屋の状況によって、大規模な工事、多額のコストが必要となることがありますが、LED導入のイニシャルコストは下がってきていますので、現実的な選択肢となってきているといえるでしょう。

2.外貼りフィルムを利用する

部屋の中から見える虹彩現象は、部屋の照明の光がフィルムの各層で反射することによって起こるものです。内貼のフィルムを外貼に変えると、照明の光はまずガラスに当たることになりますので、フィルムの構造に起因する薄膜現象が起こらず、虹彩現象を避けることができます。
ただし、太陽光による虹彩現象が起こることはあります。しかし、周辺の太陽光が圧倒的に強いため、外から窓の表面に見える虹彩現象は、部屋の中から景色を眺めたときに発生するものと比べると、日常生活で問題となることが少ないといえるでしょう。

3.虹彩現象を軽減した対策品を選択する

薄膜現象は、どのようなフィルムであっても起こるものですが、最近は各社で人が知覚できる虹彩現象を低減する技術が開発され、製品化されています。
製品の選択の際、虹彩現象を軽減する対策のための技術が採用されているかどうか、どのくらいの効果があるのか、ということを確認し、適切な製品を選択することが最も簡単な対策といえるでしょう。

3M™ の虹彩現象軽減対策フィルムを紹介

当社の製品のなかから、虹彩現象を防ぐにはどのようなものを選べばよいのかについて技術担当者に聞きました。

外貼フィルムの豊富なラインナップ

「部屋の中から見える虹彩現象を防ぐ方法として、ウインドウフィルムを外貼りすることがあります。当社の製品ラインナップの特徴として、外貼りが可能なフィルムの種類が豊富であることがあります。外貼り・内貼りの選択を行う際、虹彩現象軽減対策も考慮していただくとよいと思います」

参考 外貼りが可能な製品一覧

独自技術で虹彩現象を防止

「ウインドウフィルムの選択によって行う方法としてもう一つ、虹彩現象軽減対策を施した製品を使うことがあります。当社では、薄膜現象による光の屈折の違いを少なくするための独自技術をいくつか開発しています。技術の数が多いことで、他社製品に比べ、多くのタイプのフィルムに虹彩現象軽減対策が施せるようになっています。
とくに、虹彩現象を防止するニーズが高い高層マンションに最適の製品が多いことも当社の特徴だと思います。高層マンションのウインドウフィルムに求められることの多い飛散防止、防犯等の機能を備えた製品の多くで、虹彩現象を最小限にする技術を取り入れることに成功しています」

参考 蛍光管による虹彩現象対策品一覧

虹彩現象カットで、利用者満足度を最大化

ウインドウフィルムは、窓に簡単に貼り付けられ、飛散防止や防犯、紫外線カット等の高い効果を期待できるアイテムです。私たちは、これらの効果を必要としている方々が、虹彩現象の存在によって、フィルムの導入に二の足を踏む原因となってしまうことは非常に残念なことだと考えています。
当社では、ウィンドウフィルムのメリットを最大限に、そしてデメリットを最小限にすることで、利用される方々の満足度を最大にする製品開発を進めています。虹彩現象に関して心配をされている方へ、製品選びをはじめとした最適な方策を提案させていただきますので、ぜひお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンプル請求・お問い合わせはこちら

新着記事

新しい目隠しフィルムをリリース デザイン性と機能性を両立

新しい目隠しフィルムをリリース デザイン性と機能性を両立

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの50年が 育んできた技術と、これからの展望とは

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの50年が 育んできた技術と、これからの展望とは

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム50年の歩みと込められた想い

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム50年の歩みと込められた想い

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 見本帳をリニューアル!

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 見本帳をリニューアル!

ウインドウフィルムの「隙間」 エッジスペースはなぜ必要?

ウインドウフィルムの「隙間」 エッジスペースはなぜ必要?

3M™ スコッチティント™
ウインドウフィルム

PRODUCTS
INTERVIEW
HOW TO COLUMN
3M™ ダイノック™ フィルムの製品紹介ページへ 3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの製品紹介ページへ 3M™ ファサラ™ ガラスフィルムの製品紹介ページへ 検索アイコン

商品検索はこちら
キーワード・カテゴリ・
商品名から製品を
検索出来ます。

3M™ FILM NEWSって?
3M™ フィルム製品をプロの方へ、最新情報をいち早くお届けします。
3M™ フィルム製品の良さをプロ目線でわかりやすくご紹介していきます。
page top