窓・ガラス・装飾フィルムを活用した
安全で快適な暮らしを提案するWebマガジン

フィルム貼付後に気になる「水残り」 どうすれば消えるのか?

フィルム貼付後に気になる「水残り」 どうすれば消えるのか?

窓にウインドウフィルムを貼付する際の必須工程として、ガラスへの水の噴射があります。水は、ウインドウフィルムの透明感を損ねるほこりの付着、空気の侵入等を防ぎ、きれいな外観を実現してくれます。

しかし、そこで気になるのが、フィルムを貼り付けた後、ガラスとフィルムの間に、ところどころ水が残ってしまう「水残り」現象です。今回は、フィルムの利用を検討する際に気になる、この「水残り」の原因や対処方法について解説していきます。

水残りは、貼付後に必ず発生するもの

まず、水残りはなぜ発生するのでしょうか。当社の技術担当者に聞きました。

「ウインドウフィルムの施工時には、ゴミの除去や、静電気の発生防止のため、まずガラスに水を噴射します。そして、フィルムを貼る際は、スキージー等を使ってフィルムの上から圧力をかけ、フィルムの端から水と空気を抜きながら圧着していきます。

その際、空気は完全に抜くことができますが、水は多かれ少なかれ残ることになります。この残った水は、フィルムの貼付直後は細かく、ところどころにある状態ですが、しばらく時間が経つと移動し、集約されて、ある程度の大きさを持ったものとなります」

「500円玉」より大きい水残りには警戒を

目立つ大きさになった水残りを見ていると、「このままで大丈夫?」「今後、目立たなくなってくれるのだろうか?」と不安になるものです。では、この水残りは貼付後、どのように変化していくのでしょうか。

「水残りは時間が経つと消えていきます。というのも、ウインドウフィルムには水が表面から抜ける『透過性』があるからです。フィルムの表面から、あるいは端から自然に水は抜けていき、空気が入っていなければ完全に消え、跡も残りません。水残りは当然起こるものであり、起こったとしても、それほど心配するものではないということをまず知っておいていただきたいと思います。

ただし、水残りがなかなか消えない場合もあります。その原因としてまず挙げられるのは、水抜きが十分でなく、水残りの量が多い場合です。当然のことながら、水の量が多ければ、それがすべて蒸発し、抜けていくためにはより長い時間を要します。

水残りの大きさの目安として、私たちは、だいたい500円玉の大きさであれば、大きな問題はないと説明しています。もちろん、500円玉以上の大きさであっても、時間をかければ抜けていくのですが、水の中には少量の空気が含まれていることがあり、水の量が多いと、それが集約されることで目に見える空気残りが発生してしまうことがあります。大きい水残りがある場合は、空気が残っていないかということを含め、その後の様子を注視する必要があると思います」

水残りの場所、フィルムの種類も影響する

そのほかにも、水残りが消えにくい条件としていくつか聞いてみました。

「ガラス窓のうち、中央部に水残りがある場合は、端の方よりも水が抜けるのに時間がかかる傾向にあります。水はフィルムの表面と端、両方から抜けていくため、端に近いほうが、水が抜けやすくなります。

ウインドウフィルムの種類によっても、水の抜けやすさは異なります。製品の材質や構造によって、それぞれ水の透過性が異なるからです。水が抜けにくい製品として代表的なものが、シルバーなどの金属層がある製品です。また、防犯フィルムなど厚みがある製品も水が抜けにくいという特徴があります」

水残りを小さくするための施工方法

水残りは基本的に心配する必要がないものではありますが、なるべくなら小さくしたいのは当然。そして、最も怖い空気の侵入も、水を施工時にしっかりと抜くことで防ぐことができます。フィルムをきれいに貼付するには、施工の際、どのようなことに注意すればよいのかを聞いてみました。

「道具の選択が大切です。フィルムの貼付の際、圧力をかけるためにスキージーが使われますが、なるべく幅が狭く、先端のウレタンゴムが硬いものを利用すると圧力がかかりやすくなります。

ゴムが柔らかいスキージーの方が、先端に傷がついた時に、加工などのメンテナンスがしやすかったり、また幅が広いほうが作業に時間がかからなかったり、といった事情があり、施工担当者の方に好まれる傾向があるのですが、私たちは硬くて幅の狭いスキージーを使用することをお勧めしています。

とはいえ、それについても、それほど心配はしなくて良いと思います。フィルムの施工はそもそも難しいものではなく、施工方法に大きな間違いがなければ外観上の重大な問題は起こりません。

当社では、代理店の皆様へウインドウフィルム貼付に関する施工トレーニングを行ったり、また慣れていない方でも簡単に作業ができるよう、ホームページで施工方法や注意点などを記載したマニュアルを公開したりといったことを行っていますので、ぜひ参考にしてください」

水残りを早く消すための3つの方法

施工後に、多かれ少なかれ発生する水残り。なるべくなら早く消したいものです。そのために何か打つ手はあるのでしょうか。

「フィルムの水残りが消えるまでの時間は環境によって大きく変わります。水残りが消えるまでの時間を短くするには、フィルムに水を透過させ、蒸発しやすくする環境をつくることが大切です。環境を調整するのは、水が透過していく側、つまり内貼フィルムの場合は室内ということになります。具体例として、3つの方法を紹介しましょう。

  1. 室内を乾燥させる
  2. 室内の温度を上げる
  3. 扇風機などで、フィルムの表面に風を当てる

これらの方法によって、水が抜けるまでの時間を格段に短くすることができます。逆に、比較的小さな水残りであっても、室内の湿気が高かったり、結露があったり、冬場など部屋の温度が低い環境であった場合は、水が抜けるまでに数カ月を要する場合もあります。よい環境が整っていれば、500円玉の大きさ程度の水残りは、次の日にきれいになくなってしまうことも多いようです」

正しい知識を持ち、自信を持って採用を

飛散防止などの機能を確保するため、またデザイン上のニーズから、ウインドウフィルムの利用が最適であると思われるケースであっても、水残りについて心配し、採用に二の足を踏んでいる方もいらっしゃるようです。

水残りは基本的に避けられないことですが、正しい施工方法と、水をはやく抜くための環境のケアをすることができれば、全く心配ありません。

私たちは、設計者の皆様と協力しながら、利用者の方々が持つフィルムに関する不安を解消することが重要であると考えています。当社では、製品ごとに水の透過性などのデータ、建物・お部屋の環境に合わせた施工方法など、様々な情報提供を行っています。ぜひお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンプル請求・お問い合わせはこちら

新着記事

新しい目隠しフィルムをリリース デザイン性と機能性を両立

新しい目隠しフィルムをリリース デザイン性と機能性を両立

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの50年が 育んできた技術と、これからの展望とは

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの50年が 育んできた技術と、これからの展望とは

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム50年の歩みと込められた想い

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム50年の歩みと込められた想い

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 見本帳をリニューアル!

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 見本帳をリニューアル!

ウインドウフィルムの「隙間」 エッジスペースはなぜ必要?

ウインドウフィルムの「隙間」 エッジスペースはなぜ必要?

3M™ スコッチティント™
ウインドウフィルム

PRODUCTS
INTERVIEW
HOW TO COLUMN
3M™ ダイノック™ フィルムの製品紹介ページへ 3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムの製品紹介ページへ 3M™ ファサラ™ ガラスフィルムの製品紹介ページへ

Webなら平日16時までのご請求は、当日出荷!

サンプル

サンプル
ご請求はこちら

見本帳・カタログ

見本帳・カタログ
ご請求はこちら

※FAX(0120-282-369)の場合は、平日13時までのご請求で当日出荷が可能です。

検索アイコン

商品検索はこちら
キーワード・カテゴリ・
商品名から製品を
検索出来ます。

3M™ FILM NEWSって?
3M™ フィルム製品をプロの方へ、最新情報をいち早くお届けします。
3M™ フィルム製品の良さをプロ目線でわかりやすくご紹介していきます。
page top