熱割れ・省エネ計算

ログイン / 新規ユーザー登録

熱割れ計算サービスとは

すべての3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルムと3M™ ファサラ™ ガラスフィルムを対象に、ガラス開口部の部位ごとに熱割れを起こさないか(=フィルムの施工が可能かどうか)を計算によって判定します。施工できるフィルムが一目でわかります。
※計算結果はあくまで目安であり、保証は一切いたしておりませんので予めご了承ください。ガラスに発生する熱応力を計算によって推定し、ガラスのエッジ部の許容強度との比較で熱割れが起きるかどうかを判定します。

熱割れの可能性がある
熱応用力がガラスエッジ部の許容強度を上回る
フィルムの施工が可能
熱応用力がガラスエッジ部の許容強度まで達しない

ガラスの熱割れとは

ガラスが直射日光を受けると、日射熱によってあたためられた部分が膨張します。
一方、ガラス周辺のサッシに埋め込められた部分や影の部分はあまり温度が上昇しません。
あたためられた部分がしだいに膨張していくのに対し、周辺部や影の部分にはあまり変化がないので、周辺部付近に引張応力が発生します(熱応力)。
そのガラスのエッジ部の許容強度を越える引張応力が発生すると熱割れが起こります。

※熱割れは、冬の晴れた日の午前中に起こりやすくなります。サッシ周辺が冷え切っているのにガラス面は日射を十分に受けて温度が上昇するので、大きな温度差が生じて熱応力も大きくなるからです。

適応範囲

ガラスフィルムを貼付するとガラスの日射熱吸収率が高まり、サッシ埋め込み部分などのガラス周辺部との温度差が大きくなりやすくなります。
そのために、熱割れが発生する可能性が高くなります。特に、直射日光を多く受ける部分に日射熱吸収率の高いフィルムを貼ろうとする場合には、様々な要因を検討して熱割れを回避する必要があります。

熱割れの要因

ガラスの品種:

フロート板ガラスは3〜12mm厚より16〜19mm厚の方が熱割れしやすい。網入りガラスはフロート板ガラスより熱割れしやすい。

ガラスの大きさ:

面積が大きいほど熱割れしやすい。

日影の状態:

ガラス面に部分的に日影ができると熱割れしやすい。

カーテンやブラインドの有無:

カーテンやブラインドは日射をガラス面に反射したり、ガラスとの間に熱がこもりやすくなったりするので、無い場合より熱割れしやすい。

ガラス施工品質:

熱割れはガラスのエッジから始まるので、エッジの仕上げが雑だと熱割れが起きやすい。

その他の要因:

窓の方位、建設地域、施工の種類/パテやシーリング材の違いなども熱割れの要因。

省エネ計算サービス

下記のフィルムを貼った場合に、建物の冷房負荷がどれだけ低減できるかを算出し、省エネ効果をレポートします。

対象フィルム 3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 日射調整シリーズ
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ
3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ
レポート項目 3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム 日射調整シリーズ
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ
3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ

3M™ ウインドウフィルムによる省エネ効果とは?

3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズは、日射熱を遮蔽し冷房負荷を低減。省エネルギーに効果を発揮します。
3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズは、日射熱を遮蔽して窓際の温度を5度〜6度も下げることができ、室内の温度環境を均一な状態に近づけます。窓際の温度が下がることで空調温度を高く設定できるので、空調負荷が低減し、省エネできることがわかります。

窓際の温度測定比較

夏期の冷房の温度ムラ、暑くなりやすい窓際ゾーンの温度上昇を抑えることが、設定温度28度の快適な室温環境づくりにつながります。
3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズを貼るなどの日射熱対策をしていない環境では、日射の熱の影響を受けやすい窓際ゾーンは、室内の中央付近より8〜 12℃も温度が高くなります。
そのため冷房の効果が室内に均等に行きわたりにくく、温度調整を窓際の人に合わせると室内中央の人は寒いと感じ、室内中央の人に合わせると窓際の人は暑いと感じるなどの温度ムラ問題が起こります。3M™ ファサラ™ ガラスフィルム マルチレイヤーNanoシリーズは、窓際ゾーンの気温と体感温度上昇を抑えるため、温度ムラなく室内に均等に冷房の効果が行きわたりやすくなります。
よって、冷房の設定温度を政府推奨の設定温度である28℃で快適な室温環境を作りやすくなります。