グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

個人向けソーシャルメディアガイドライン

ガイドライン制定の目的と背景

当ガイドラインは、3Mジャパングループの従業員と関係者(派遣社員、契約社員、外部委託会社等)を対象とし、ソーシャルメディアの個人利用における適切かつ積極的な活用の推進と、適切なリスクマネジメントの両立を目的としたものです。

近年のソーシャルメディアの飛躍的発展を背景に、当社でもビジネスへ活用する事例が増えつつあります。その運用には一定のソーシャルメディアリテラシーが前提となり、その習得には個人での適切な利用が不可欠です。社員と関係者が当ガイドラインをふまえつつ、ソーシャルメディアの世界を体感し、双方向な対話を通じて知識・理解を深め、得られた有益な知見・アイデアは積極的に共有することで、3Mのイノベーションの活性化につなげましょう。

3Mジャパングループの公式アカウントにおいては、ガイドラインに則った運用を行うことに加え、事前の「ソーシャルメディアトレーニング」の受講と、「ソーシャルメディア準備チェックリスト」の提出が社内で義務づけられています。

個人向けソーシャルメディアガイドライン

1. 常に正直さと誠実さをもって行動しましょう

ソーシャルメディアは不特定多数が集うオープンな場です。3Mの経営理念に掲げる通り、「すべての活動において妥協のない正直さと誠実さをもって行動する」が、ソーシャルメディア上においても最も正しい態度あり、あらゆるトラブルを遠ざけることになるでしょう。

2. 著作権、プライバシー、機密情報、ブランドの取扱い、および情報の発信に関しては、コーポレートポリシーを理解し、遵守しましょう

3M社員はソーシャルメディアを個人として利用する場合も、3Mが定めたポリシーに準拠する必要があります。特に、著作権、プライバシー、機密情報、ブランドの取扱い、および情報の発信等に関しては、社内イントラネットに掲載されている各種基準書に必ず目を通して下さい。

3. 発言者の立場を明らかにしましょう

3M社員であることを明らかにする場合は、個人アカウントのプロフィール欄等に、投稿する意見や活動内容が3Mを代表するものではない旨を明示して下さい。
例:投稿する意見や活動内容は私個人の見解に基づくものであり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

4. 投稿しようとする内容を慎重に確認しましょう

ソーシャルメディア上で、匿名性は決して保障されません。仲間内での会話が広く拡散したり、過去の投稿を手がかりに本人が特定されることは日常茶飯事です。言動は全て社会に公開される可能性があり、いちど発信された情報は完全に消去することが極めて困難であることを理解しましょう。また、発信内容に誤りがあった際には、速やかに訂正し、それを自ら公表しましょう。一人ひとりの振る舞いが、3Mの信用・名声および3Mブランドの評価を左右し得ることを十分認識して下さい。

5. 議論に注意しましょう

ソーシャルメディアは議論が起こりやすい場ですが、感情的にならず、建設的な議論を心がけましょう。また、批判は推奨しません。あなたの批判の正しさを証明することが本当に社会に付加価値を生むのかを冷静に考えて下さい。

6. 3Mのビジネスパートナーの皆様を守りましょう

3Mのビジネスは多岐にわたっており、たくさんのビジネスパートナーの皆様に支えられています。3M自身と同様に、ビジネスパートナーの機密情報を守ることが重要です。相手先の言動について許可無く公開することは避け、また、企業や個人が特定できるような投稿も避けるべきです。ビジネスパートナーに不利益を生じないように配慮して下さい。本人、会社とも、場合によっては、名誉棄損、守秘義務違反といった法的紛争の当事者となり得ることを認識して下さい。

7. 3Mに関する情報は積極的に社内共有しましょう

ソーシャルメディア上で発見した3Mに関する有益な情報、或いはリスクについては、タイムリーに関連部門とコーポレートストラテジー&マーケティング本部 eビジネス部への共有をお願いします。内容を検討の上、適切な対応をいたします。

※当ガイドラインは今後のソーシャルメディアの社外動向、社内活用状況を総合的に考慮し、適宜改訂を行う予定です。

関連リンク