グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

超薄型で軽量化の3M™ 低周波ノイズ抑制シート1383

無料サンプルお申し込み
こんなお悩みありませんか? 低周波ノイズを遮断しないと…:低周波が規格値を超えてしまった…。│磁気シールドは重くて厚い:なるべく小型軽量化したい…。│加工の手間を軽くしたい:組み込みのコストもかかってしまう…。

3M™ の低周波ノイズ抑制シート1383の特徴

特徴1 磁気シールド効果が金属よりも高い

非常に高い透磁率により、AM領域(KHz~数百KHz)の磁気ノイズをシートに引き込みます。

特徴2 86%の薄型化と95%以上の軽量化

1383は0.27mm厚で、2cm厚の鉄板相当のノイズ遮断を実現。例えば鉄板と比較した場合、86%の薄型化と95%以上の軽量化を図ることができます。

特徴3 高温高湿環境下でも高い信頼性

柔軟性のあるシートタイプなので加工(打ち抜き)も簡単。さらにアースがいらないので設置も簡単です。粘着剤は高耐熱、低VOC対応なので車内などの使用でも安心。1383の導入で設計の自由度がアップします。

無料サンプルお申し込み

3M™ 低周波ノイズ抑制シート 1383に関するよくある質問

材料は何でしょうか?

軟磁性層をポリエステルフィルムでラミネートした構造でその片面に粘着剤が付属しています。

効果がある周波数はどの程度ですか?

低周波(数KHz~1000KHz)です。

耐熱性はどれぐらいでしょうか?

100℃1000時間での性能の劣化は認められていません。

重さはどれぐらいですか?

1平方メートルあたり、418gです。

グラウンディングは必要ですか?

粘着剤付きですのでそのまま貼るだけで、グラウンディング処理は必要ありません。

製品サイズはいくつですか?

470MM×610MMのシート形状です。
当社特約販売店様からお客様のご希望サイズで納品させていただきます。

どうやって貼るのでしょうか?

粘着剤付きなので、ノイズ源の近くにそのまま貼ってお使いいただけます。
無料サンプルお申し込み

3M™ 低周波ノイズ抑制シート 1383 導入アプリケーション例

3M™ 低周波ノイズ抑制シート 1383の導入イメージ

PHV自動車

PHV自動車 採用理由:軽量、低周波(KHz帯)の磁気シールドに有効/アプリケーション:PHV自動車/使用部位:車載用充電器内回路周り/使用目的:充電器内トランスからの内部回路に対する磁気ノイズシールド

カーナビゲーション

カーナビゲーション 採用理由:フェライトコアと比較して軽量、設置が容易、振動で割れない/アプリケーション:カーナビゲーション/使用部位:ノイズの出るFPCに貼りつけ/使用目的:AM回路への電磁ノイズ干渉防止

3M™ の低周波ノイズ抑制シート1383の導入アプリケーション例

エアコンのインバーター/IHクッキングヒーターのインバーター/電気自動車、HN自動車の充電器/エレベーターのインバーター/風力発電、太陽光発電のインバーター/風力発電、太陽光発電のインバーター/カーナビのノイズの出るFPC箇所
無料サンプルお申し込み

3M™ 低周波ノイズ抑制シート 1383のスペック仕様

3M™ 低周波ノイズ抑制シート1383

特 徴

● 直流から数百KHzのノイズ対策、特に磁気ノイズに有効です。
● アースを取る必要がないため貼る場所を選びません。
● 薄く軽量で柔軟性があり、抜き加工ができます。
● 粘着剤付きなので施工が容易です。

用 途

● KHz帯の電磁ノイズ対策
● 各種電子機器への電磁波シールド対策

構 造

構造図
製品番号 sheet1383
総厚み mm 0.27
磁性層 厚みmm 0.02
磁束密度 T 1.23
最大透磁率 100,000
  • 磁束密度:印加磁界800A/m(直流磁界)での値
  • 最大透磁率:50Hzでの値
  • 上記の数値はすべて実測値または代表値です。保証値ではありません。
無料サンプルお申し込み
* 3Mは3M社またはその関連会社の登録商標です。
* 記載の社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。