グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

消火薬剤

3M™ Novec™ (ノベック™ )1230 消火薬剤

写真:消化剤の放出

消火性能、環境面、安全性に優れた環境配慮型ハロゲン化物消火薬剤です。

消防法に載っています。
消防法施行規則第20条(ハロゲン化物消火設備に関する基準)に、新たにドデカフルオロ-2-メチルペンタン-3-オン(NFPA/ISO登録名「FK-5-1-12」、3M製品名「Novec™ 1230」)を消火薬剤とした消火設備が追記されました。

特長

図:Novec™ 1230の分子構造
  • 高い電気絶縁性をもち、電子機器に影響をあたえない。
  • 短い消火時間により熱障害を軽減する。
  • 消火システムに必要なボンベ数は、従来のハロゲン化物消火薬剤の場合とほぼ同数、窒素ガスの場合の約半分で済み、スペースを有効活用できる。
  • 実使用濃度とNOAEL(無有害性影響量)の差が大きく、安全性が高い。
  • 優れた環境特性により、将来にわたって持続的使用が可能。(オゾン破壊係数がゼロ、地球温暖化係数が1)
  • アメリカ、ヨーロッパ、日本、アジアにテクニカルセンターがあり、グローバルな技術サポートを実施。

用途例

代表的な用途

  • コンピュータールーム、サーバールーム
  • 電気制御関連:変圧器室、配電盤室、蓄電池室、ケーブル室
  • 通信関連施設:電話交換機室(PBX)、移動体通信基地局、ブロードバンド通信基地局
  • 図書館・美術館の倉庫
  • 石油関連物貯蔵倉庫
  • 船舶・海上設備:エンジンルーム、制御室

全域放射のテストモデル

  • 全域放射システムのULテストモデルおよび消火デモの動画です。
  • Novec™ 1230 消火薬剤は、屋外の貯蔵容器に液体として保管されています。ULテストモデルは、ヘプタンの入った容器に点火し、30秒後の予備燃焼後に消火薬剤が放出されます。
  • Novec™ 1230 消火薬剤は、加圧用のガスによって10秒間で放出され設計濃度に到達し、燃焼しているヘプタンを消火します。

全域放射システムの構成

  • システムの概要になります。
  • 具体的な設置の場合は、設備メーカーへお問い合わせいただくことになります。設備メーカーについては当社よりご紹介させていただきます。
図:全域放射システムの構成

パッケージタイプシステムの構成

  • システムの概要になります。
  • 具体的な設置の場合は、設備メーカーへお問い合わせいただくことになります。設備メーカーについては当社よりご紹介させていただきます。
図:パッケージタイプシステムの構成

製品情報

環境特性

open/close
(規格値ではありません)
特性 Novec™ 1230 Halon 1301 HFC-23 HFC-227ea
オゾン破壊係数
(ODP)※1
0.0 12.0 0.0 0.0
地球温暖化係数
(GWP)IPCC※2
1 6900 14800 3500
大気寿命(年) 0.014 65 246 33
SNAP(承認)※3 Yes No Yes Yes
  • ※1:World Meteorological Organization(WMO)1998
  • ※2:Intergovernmental Panel on Climate Change(IPCC)2010、100年積分値
  • ※3:Significant New Alternatives Policy.
    米国環境保護庁(EPA)はNovec™ 1230消火薬剤を全域放射および局所放射で承認済み

安全性

open/close
  • 規格値ではありません
薬剤 Novec™ 1230 Halon 1301 HFC-227ea
使用濃度 4-6% 5% 7.5-8.7%
NOAEL※ 10% 5% 9%
  • ※ 毒性試験において投与物質の有害な影響が臓器に認められない最高の暴露量

代表物性値

open/close
  • 規格値ではありません
NFPA/ISO登録名称(3M製品名) FK-5-1-12(Novec™ 1230消火薬剤)
分子量 316.04
沸点@1atm ℃ 49.2
凝固点 ℃ -108
液体密度@25℃ kg/m³ 1600
蒸気密度1atm@25℃ kg/ℓ 0.0136
蒸気比容積1atm@25℃ m³/kg 0.0733
液体粘度@0℃/25℃ cSt 0.56/0.39
蒸発潜熱@沸点 kJ/kg 88.0
水分溶解量@25℃ %(wt.) <0.001
蒸気圧@25℃ bar 0.404
比耐電圧@1atm(窒素=1.0) 2.3
  • 電子用接合材製品サイトはこちらから
  • 電子用接合材製品サイトはこちらから
  • 電子用接合材製品サイトはこちらから
  • 「その他の3M研磨材製品」研磨材製品事業部のホームページはこちら
  • 「フッ素ゴム、フッ素樹脂、高機能添加剤製品」化学製品事業部のホームページはこちら
  • 「3M™ トライザクト™ 製品の導入ストーリー