メインコンテンツへスキップする
  • ホーム
  • 虫歯を予防したい
  • 歯周病を予防したい
  • 歯がしみる
  • 歯がいたい
  • 歯をきれいにしたい
  •  あっ と驚く歯科テクノロジー

唾液リスクチェック

唾液の分泌量でむし歯になるリスクをチェックできます!

イラスト::1

むし歯になりかけの歯であれば、唾液が元に戻してくれるのをご存知ですか?しかし唾液の量が減ると歯の再石灰化だけではなく、重大な病気に繋がる可能性が出てきます。ここでは唾液を減らす要因とその理由をチェックできます。しっかり改善して健康な歯と笑顔で過ごしましょう!

Check
常にストレスを抱えている

常にストレスを抱えている

Check
タバコを吸っている

タバコを吸っている

Check
アルコールの摂取量が多い

アルコールの摂取量が多い

Check
常用薬がある

常用薬がある

Check
柔らかい食べ物を好む

柔らかい食べ物を好む

Check
口を開けて寝ている

口を開けて寝ている

Check
人前で話す機会が多い

人前で話す機会が多い

Check
過度な運動をしている

過度な運動をしている

Check
睡眠時無呼吸症候群である

睡眠時無呼吸症候群である

Check
花粉症である

花粉症である

Check
不規則な生活を送っている

不規則な生活を送っている

Check
鼻炎がある

鼻炎がある

Check
口を閉じにくい

口を閉じにくい

Check
口呼吸している

口呼吸している

Check
リラックスしている時も口が開いている

リラックスしている時も口が開いている

リスクチェック

監修 : 歯科衛生士 土屋 和子 先生

ページトップへ

©3M 2015 All Rights Reserved.
閉じる

唾液リスクチェックの結果

今のところ心配ありません!

しかし、唾液の分泌量は環境や体調などによっても
変わりますので、油断せず現状を維持しましょう!

唾液リスクチェックの結果

要注意! むし歯リスクが高いです!

チェックした項目をしっかり改善して、定期的に歯科医院で
プロの予防ケアを受けましょう。

唾液リスクチェックの結果

危険! むし歯リスクが非常に高いだけでなく、他に重大な病気の可能性も!

あなたの唾液の分泌量は非常に少ない可能性があります。
歯の再石灰化だけではなく、他の健康問題につながります。
一度歯科医院にご相談ください。

あなたがチェックした項目

  • Check

    常にストレスを抱えている

    唾液の分泌は、自律神経によってコントロールされています。緊張したりストレスを感じたりすると交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑制されます。そのため、常に強いストレスにさらされていると、口の中が乾く原因になります。反対にリラックスしているときは、副交感神経の働きによって唾液はよく分泌されます。

  • Check

    タバコを吸っている

    タバコの煙に含まれるタールや ニコチンなどの有害物質によって血行が悪くなり、唾液の分泌機能が低下して、唾液分泌量が減ります。

  • Check

    アルコールの摂取量が多い

    アルコールの利尿作用や食事量・水分量の不足により脱水が起こり、同様に唾液分泌が低下します。

  • Check

    常用薬がある

    高血圧などの治療に用いられるカルシウム拮抗薬、抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、鎮痛薬などの副作用で、唾液の分泌量が減ることがあります。

  • Check

    柔らかい食べ物を好む

    柔らかい食品ばかりを食べていて口の周りの筋力が衰えると、唾液の分泌量が減ります。

  • Check

    口を開けて寝ている

    口呼吸をする癖のある人や、眠っているときにいびきをかく人は、唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    人前で話す機会が多い

    口を開けている時間が長いので、水分不足になり、唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。 常に緊張状態にあるので、交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑制されます。

  • Check

    過度な運動をしている

    運動中は、緊張状態が続く為、交感神経が優位になり、唾液が粘つき、分泌量も抑制されます。

  • Check

    睡眠時無呼吸症候群である

    無呼吸症候群の可能性がある方は、口が開いているため唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    花粉症である

    薬などの副作用で、唾液の分泌量が減ることがあります。
    また花粉症の影響により口呼吸になってしまい、唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    不規則な生活を送っている

    自律神経のバランスが崩れて、唾液の分泌が抑制されます。

  • Check

    鼻炎がある

    日常的に鼻づまりの状態になり、気づかないうちに口呼吸をしていることがあります。口呼吸をすると唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    口を閉じにくい

    上顎前突など口腔内の状態に問題があり、口を閉じにくくなっている可能性があります。口呼吸をすると唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    口呼吸している

    口呼吸をすると唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

  • Check

    リラックスしている時も口が開いている

    リラックス時に唾液が分泌しても、口が開いていると唾液が蒸発して口の中が乾きやすくなります。

※このリスクチェックの結果は目安の一つとしてご利用ください。

  • 歯の健康に役立つ成分(唾液成分)配合のサプリメント歯みがき / フッ素・リン・カルシウムで歯を守るクリンプロ™ 歯みがき ペースト /「再石灰化」に着目した、新発想の歯みがきペーストです。3M独自のテクノロジーでフッ素とミネラル成分(リン・カルシウム)配合に成功!クリーニング&サンプリメント効果で、むし歯の進行を抑え、発生を予防します。/ 購入できる歯科医院を検索
  • いつでもどこでも たった3ステップで、だ液の分泌を促進。だ液腺マッサージ / だ液腺とは、口腔内にあるだ液を分泌させる耳下腺、舌下腺、顎下腺のこと。この3カ所をマッサージすると、だ液の分泌が促進され口の中が潤い、むし歯予防や再石灰化促進が期待できます。/ だ液腺マッサージをやってみよう