メインコンテンツへスキップする

歯周病を予防したい

ギネス認定 歯周病は、人類史上最も感染者の多い感染症

歯周病は、年をとるとかかる病気だと思っていませんか?いいえ、そうではありません。
日本では成人の8割の人が感染しているというデータがあります。
歯周病は、自覚症状がなく気づきにくいため、ひっそりと進行していき、そのまま
ほおっておくと 今度は歯周病菌が口から全身に入り、心臓病や肺炎を引き起こし、
糖尿病のコントロールまでにも 悪影響を及ぼすことがあります。
正しい予防法を身につけて、歯とからだの健康を守っていきましょう!

※出典:厚生労働省調査 2001年

ページ上部へ戻る