メインコンテンツへスキップする

ポケット地獄巡り

みなさん、「歯周病」というと、どのような状態をイメージするでしょうか? 「血が出る」、「口が臭い」、
「歯がグラグラする」とイメージする方がほとんどだと思います。 しかし、実際はもっと恐ろしいことが起きているのです。
歯周病とはどのようなものなのか、理解した時にはきっと恐ろしくなり、 すぐに歯科医院に行きたくなるはずです。

PROLOGUE / 序章

地獄巡りの前に・・・歯周病とは?
健康な歯周組織::イメージイラスト

健康な歯周組織

健康な歯肉であれば2mm程度の溝(歯肉溝)があります。

炎症 >

歯肉炎::イメージイラスト

歯肉炎

歯肉が炎症を起こして腫れ上がると溝が深くなります。
この深くなった箇所をポケットと言います。

健康な歯周組織を詳しく見てみよう!
健康な歯周組織詳細::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

歯周病は歯ぐきの溝(歯肉溝)にバイキンが入り始まります。
見た目は健康そうに見えてもレントゲンを撮ってみると歯周病
になっていたということもよくあります。
自分では判断せずに、一度歯医者さんに診てもらいましょう!

FIRST HELL / 歯肉炎地獄

はじまりは歯と歯ぐきのすき間に磨き残しがあったからです。歯ぐきの溝(歯肉溝)にプラークがたまり、
歯肉が炎症で腫れて歯周ポケットになります。

歯肉炎 / 歯を支えている骨はまだ溶けていない::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

歯ぐきから血が出ていますが、痛みがなく気づきにくいことが
多いため、注意が必要です。
少しでも「おかしいな」っと思ったら歯医者さんに診てもらい
ましょう!

SECOND HELL / 軽度歯周炎地獄

バイキンがポケットに侵入し、歯を支えている骨が溶けはじめました。
プラークや歯石が歯周ポケットにたまりやすくなります。

軽度歯周 / 歯を支えている骨が少しずつ溶けはじめた::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

歯には歯石が付き、歯ぐきに炎症が起きて腫れています。
歯ぐきも下がっていますが、ここでも自覚症状はありません。
しかし、ここで治療を受ければ直りも早いですよ!
急いで歯医者さんに診てもらいましょう!

THIRD HELL / 中等度歯周炎地獄

炎症がさらに拡大して、歯を支えている骨も歯の根の長さの半分近くまで溶けて、歯がぐらつきはじめました。
歯周ポケットもさらに深くなり、歯ブラシをしてもプラークも取れず、バイキンが繁殖しやすくなります。

中等歯周 / 歯を支えている骨が溶けて、歯がグラグラしてきた::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

歯を支えている骨が溶けてきて、歯ぐきが下がってきました。
溶けた骨はもう二度と元に戻らないので要注意です!

FOURTH HELL / 重度歯周炎地獄

歯を支えている骨がほとんど溶けて、歯はグラグラです。

重度歯周 / 歯を支えている骨がほとんど残っていない::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

骨が溶けて支えがなくなってしまい、歯が傾きはじめました。
このままだと歯が抜けてしまいます!

LAST HELL / 歯抜け地獄

歯を支えている骨が全て溶けてしまうと、
歯が自然と抜けてしまいます。

重度歯周 ::イメージイラスト
家に例えると::イラスト
実際のイメージ

Attention!!

骨が溶けてなくなってしまったため、自然と歯が抜けてしまい
ました。
歯が無くなるだけでなく、全身疾患の可能性も・・・

Page top

出典:歯周病をなおそう

ページ上部へ戻る