グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

口腔ケア製品

口腔内には常に湿潤環境を

口腔機能向上と衛生維持のためにも口腔ケアは欠かせません。
口腔環境を常に維持するには、口腔内を湿潤環境にしておくことが重要といわれます。
口腔用保湿ジェルをケアの仕上げだけでなく、日常の口腔ケアの中に取り入れることで口腔内を湿潤環境に保つ
「保湿からはじまる口腔ケア」を提案します。

常時の保湿+《粘膜ケア残存歯のケア

図:常時の保湿+《粘膜ケア+残存歯のケア》

乾燥度別ケア手順

乾燥度をチェックして、状態に応じたケアの手順を選びましょう

乾燥度の観察ポイント:常時の保湿が達成されているかチェック

指で、口唇・舌に触れ、柔らかさと、乾燥度を観察し、「保湿からはじまる口腔ケア」手順選択の目安とします。

  柔らかさ
硬性
〈抵抗感あり/硬い〉
軟性
〈柔らかい〉
乾燥度 乾燥
〈カサカサ感あり〉
重度 中等度
湿性
〈湿度あり〉
中等度 軽度

チェックした口唇・舌の乾燥度で、状態に応じたケアの手順を選択します

図:口唇・舌の乾燥度をチェック 前回塗布した保湿ジェルの除去・口腔内清掃 残存菌のブラッシング(1回/日~) 保湿ジェルを使用したマッサージ 保湿ジェルによる仕上げ/ケア間での保湿

ケアの手順


写真:手順1

一回量は1cm位から始め、刺激唾液に応じて量を調整してください。
必要に応じて、吸引などの準備・処置をしながらケアを行ってください。

写真:手順2

口唇の乾燥が強い場合は、まず保湿ジェルを口唇に塗布します。
口唇を伸展しやすく、痛みも軽減できます。

前回塗布した保湿ジェルの除去・口腔内清掃

写真:前回塗布した保湿ジェルの除去・口腔内清掃1
写真:前回塗布した保湿ジェルの除去・口腔内清掃2
写真:前回塗布した保湿ジェルの除去・口腔内清掃3
  1. 舌苔や剥離上皮に、軽く押さえながら塗布し軟化させます。
  2. スポンジブラシを回転させながら、軟化した舌苔や剥離上皮をからめ取ります。
  3. 乾燥が強い場合は、❶❷を繰り返します。

残存菌のブラッシング(1回/日~)

写真:残存菌のブラッシング1
写真:残存菌のブラッシング2
写真:残存菌のブラッシング3
  1. 口腔内に残った保湿ジェルをスポンジブラシで拭き取ります。
  2. プラークを除去するため、歯ブラシを使用してブラッシングをします。
  3. 必要に応じ、洗浄・吸引などの準備・処置を行いながら実施します。

保湿ジェルを使用したマッサージ

写真:保湿ジェルを使用したマッサージ1
写真:保湿ジェルを使用したマッサージ2
  1. 口蓋、頬の裏、舌などマッサージを行う場所に保湿ジェルを塗布します。
  2. スポンジブラシを回転させながら、後方から前方に向かってマッサージします。

保湿ジェルによる仕上げ/ケア間での保湿

写真:保湿ジェルによる仕上げ/ケア間での保湿1
写真:保湿ジェルによる仕上げ/ケア間での保湿2
写真:保湿ジェルによる仕上げ/ケア間での保湿3
  1. 口腔内全体に保湿ジェルを塗布して保湿します。
  2. 余分な保湿ジェルは、スポンジブラシで拭き取ってください。
  3. 乾燥が強い場合は、ケアとケアの間にも塗布し保湿します。

製品ラインナップ


マイリスト

閉じる

製品

ページ

    製品に関するお問い合わせ:
    ナビダイヤル:0570-011-321
    カタログ・サンプル等のご請求:
    FAX:0120-282-369

    受付時間:8:45〜17:15 月〜金(土・日・祝日・年末年始は除く)