製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする
改良型ベアード・パーカー培地や冷水可溶性ゲル化剤、発色酵素基質が含まれているできあがり培地です。

製品の特長
  • 黄色ブドウ球菌を測定することが可能です。
  • 最短で22時間で結果判定をすることが可能です。
  • 培養温度:35℃±1℃または37℃±1℃
  • 培養時間:24±2時間
  • 測定:赤紫色のコロニーを測定します。

    赤紫色以外のコロニーが出現した場合、ディスク装着後35±1℃で1~3時間培養してください。ピンクゾーンを黄色ブドウ球菌として識別します。

適正測定範囲
1-150コロニー
製品番号・入れ目・価格
製品番号 入れ目/箱 メーカー希望小売価格/箱(税別)
6490STX(プレート) 50枚入(25枚×2袋)/箱 ¥11,100
6491STX(プレート) 500枚入(25枚×20袋)/箱 ¥90,000
6492STX(ディスク) 20枚入/箱 ¥3,200
6493STX(ディスク) 100枚入/箱 ¥13,700
6425(STX用スプレッダー) 2枚入/箱 ¥320
2008年10月1日より価格改定
承認・認可
食品衛生検査指針収載

AOAC Intl. Official Method
承認番号 対象食品 種類 温度 時間
2003.07 加工食品 STXプレート 35±1℃または37±1℃ 24±2時間
STXディスク 35±1℃または37±1℃ 1~3時間
2003.08 乳製品 STXプレート 35±1℃または37±1℃ 24±2時間
STXディスク 35±1℃または37±1℃ 1~3時間
2003.11 鶏肉、食肉、水産製品 STXプレート 35±1℃または37±1℃ 24±2時間
STXディスク 35±1℃または37±1℃ 1~3時間
関連製品



ページトップへ