製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3Mジャパングループ > 会社概要 > ニュースリリース > 一年を通じて省エネ・節電効果を発揮するウインドウフィルム新製品の発売開始

新製品情報

夏季の遮熱性能に冬季の断熱性能が加わった、透明遮熱断熱フィルム
3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLAR
新開発のハードコート層採用で、施工作業性や日常のメンテナンス性も確保

発表日:2012年10月26日

PDF

ニュースリリースファイルダウンロード

ウインドウフィルムのパイオニアである住友スリーエム株式会社(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:三村 浩一)はこのほど、3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLARの販売を開始しました。夏冬を通じて省エネ・節電に貢献する透明性が高い遮熱断熱フィルムです。

昨今の省エネ・節電への意識の高まりから、夏季の空調負荷の軽減に効果的な透明遮熱フィルムが多くのオフィスビル、商業施設などで採用されています。透明性が高く眺望を遮らない特性や、地震をはじめとした災害時にガラスの飛散を抑制する機能も評価されていることに加え、通年で空調負荷の軽減効果を発揮する、遮熱性能と断熱性能を両立したウインドウフィルムへの期待が高まっています。

新製品3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLARは、透明、遮熱、飛散防止に加え、冬季の断熱特性を兼ね備えたウインドウフィルムです。金属層を持つポリエステルフィルムという構成により窓ガラスから室内へ侵入する日射熱を約40%カットする遮熱効果があり、夏季の室温上昇を抑えます。さらに金属層とその室内側に施したハードコート層の最適化によって室内の熱を効率的に反射できるので、室内が暖かい冬季には窓ガラスから室外へ出ていく熱量を約20%軽減する断熱効果を発揮し、室温低下を抑制します。

一年を通じて省エネ・節電効果を発揮するウインドウフィルム新製品の発売開始

また、ハードコート層があることで施工作業性や日常のメンテナンス性を損なうことがないうえ、JISが定める飛散防止性能や、紫外線カットの特性も兼ね備えています。
なお、新製品は三波長型の蛍光灯、水銀灯やメタルハライドランプなどの照明環境下では、特に夜間において顕著な虹彩模様が発生するため、採用をおすすめしていません。

透明性が高い遮熱断熱フィルム、3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLARは、厚みが0.065ミリ(or65ミクロン)、フィルム幅が1250ミリ、設計施工価格は14,000円/m²です。

ウインドウフィルムは1967年に3Mが開発して誕生しました。遮熱、ガラスの飛散防止、防犯などの機能を果たすフィルムの開発を重ね続けることで、3Mのウインドウフィルムはガラスの機能を高め続けてきました。断熱フィルムについても性能のさらなる進化などを通じて、これからもガラスのトータルパフォーマンスの向上に貢献し続けます。

製品の主な仕様

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLAR
可視光線 透過率 赤外線カット率 遮蔽係数 熱貫流率 飛散防止性能 ハードコート層
64% 83% 0.56 4.7W/m²K あり あり

3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム LE65CLARに関するお客様お問い合わせ先

TEL: 0570-012-123

*3M、スコッチティントは、3M社の商標です。
*Adobe、Adobeロゴ、Acrobatは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です


このページは、発表時のニュースリリースの内容を基に制作されています。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。