製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3Mジャパングループ > 会社概要 > ニュースリリース > 外出時の「PM2.5」対策 呼吸保護に、「N95マスク」・国家検定に合格した「防じんマスク」の着用が効果的

3M NEWS

外出時の「PM2.5」対策
呼吸保護に、「N95マスク」・国家検定に合格した「防じんマスク」の着用が効果的
~ 家庭では給気口やエアコン向け「空気清浄フィルタ-」が微粒子を捕集 ~

発表日:2013年2月13日

PDF

ニュースリリースファイルダウンロード

3Mジャパングループの住友スリーエム株式会社、スリーエムヘルスケア株式会社(各本社・東京都世田谷区 代表取締役社長:三村浩一)は、日常の生活、ものづくりの作業現場など、様々なシーンで利用さえるマスクや、家庭の給気口やエアコンに取り付ける空気清浄フィルターなどを製造、販売しています。

昨今、中国での大気汚染が問題となっています。これらの要因とされる有害物質の多くは「粒子状物質」と呼ばれ、黄砂・工場のばい煙・自動車の排気ガス等に含まれる「粉」のようなものです。特にPM2.5と呼ばれる粒子状物質は、その大きさが問題で私達の呼吸とともに肺の奥まで到達し健康影響があると懸念されており、対策の必要性が叫ばれています。そうした状況を受け、住友スリーエムおよびスリーエムヘルスケアでは、関連情報をまとめました。詳細は以下の通りです。

■呼吸保護には、「N95マスク」、国家検定に合格した「防じんマスク」の着用が効果的
「N95マスク」や、国家検定に合格した「防じんマスク」は、空気中に浮遊する粒子状の物質の吸引リスクを低減するのに効果的です。適切なサイズのマスクを正しく装着することが重要です。マスクの種類には大きく分けて飛沫拡散を防ぐ「サージカルマスク」と、呼吸を保護するマスクの2種類があります。(本資料では、後者をまとめて「高機能マスク」と表現しています。)

【マスクの種類】

サージカルマスク
一般にドラッグストアやコンビニエンスストア等で購入できる、花粉対策や風邪をひいたときに使用する N織布でできたマスクです。咳やくしゃみの飛沫(シブキ、ツバ)には大量のウィルスが含まれています。主に風邪やインフルエンザなどの罹患者が、飛沫の拡散を防ぐために着用します。
高機能マスク
空気中に浮遊している粒子状の物質(ウィルスや、粉じんなどを含む)の吸引を抑制することを目的とした呼吸保護具です。ただし、顔に合わない「高機能マスク」を着用すると、マスクと顔の隙間から微粒子が入り込む可能性があるため、「高機能マスク」が効果を発揮するためには、顔にあった形、適切なサイズのものを選択し、正しく装着することが重要です。正しい装着方法(動画)について、当社ウェブサイトで紹介しています。(http://www.mmm.co.jp/ohesd/story/mask5.html
「高機能マスク」は成人が利用することを想定した呼吸保護具です。子供用としては設計されていません。

【マスクの規格】

「N95」 「N95マスク」は、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格に合格した呼吸保護具です。 在中国日本大使館は1月14日付け「北京市等の大気汚染について」の中で、外出する場合に着用するマスクの種類として「N95」をあげています。(http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho130114_j.htm)
「DS2」、「DS1」 「防じんマスク」と呼ばれる呼吸保護具の規格です。いずれも日本の国家検定(規格)に合格した呼吸保護具です。「N95」と同等の効果を得られるのが「DS2」です。

【高機能マスク】

3M™ Vフレックス™ 防護マスク9105 N95
「レギュラーサイズ」、「スモールサイズ」

3M™ Vフレックス™ 防護マスク9105 N95

<<3M™ Vフレックス™ 防護マスク9105 N95の仕様>>
・NIOSH N95規格適合
・平均粒子捕集効率: 95%以上
・吸気抵抗値: 343Pa以下
<<特徴>>
① 2面折畳み蛇腹構造
- コンパクトに収納可能。
- 会話時にもマスクが追従し漏れ込みを軽減
- 使用時は大きく広がり、呼吸が楽に行えます。
② 漏れ込み軽減のためのノーズクリップ(幅広金属板)
③ 有害物を触らないようにタブが付いています。
④ 滑りにくいゴムひもを採用

3M™ Vフレックス™ 防じんマスク 9105J-DS2/3枚入り(小口パック)「レギュラー」、「スモール」

3M™ Vフレックス™ 防じんマスク

製品詳細:
http://www.mmm.co.jp/ohesd/particulate/vflex.html

3Mオンラインストア:
http://www.3monlinestore.jp/shop/c/c704010/

■家庭では給気口やエアコン向け「空気清浄フィルタ-」が微粒子を捕集

部屋の給気口に空気清浄フィルターを取り付けることで、室外からの粒子状物質の侵入を低減することが可能です。

「フィルタレット™ 空気清浄フィルター」(左:給気口用セット、右:エアコン用)

「フィルタレット™ 空気清浄フィルター」
捕集粒径参考値
プレミアムグレード :0.1μm以上
ハイグレード :0.3μm以上

住友スリーエムの、「フィルタレット™ 空気清浄フィルター 給気口用」は、部屋の給気口に取り付けるだけで、給気口から侵入する微粒子を捕集し、部屋に入る空気を清浄化します。さらに「フィルタレット™ 空気清浄フィルター エアコン用」との併用で、出入り時に室内にはいってきた粒子状物質を捕集する2段構えの対策が可能です。(2013年1月4日発売。全国のホームセンターおよび3Mオンラインストアでお求めいただけます。オープン価格)
製品詳細: http://www.mmm.co.jp/news/2012/info/20121206.html
3Mオンラインストア: http://www.3monlinestore.jp/shop/c/c201020/

<参考情報>

【粒子状物質(PM2.5)と健康影響 】

- PM2.5とは大気中に浮遊する粒径2.5μm以下の微小粒子状物質です。眼に見えることは稀で、タバコの煙のように大量に集合していれば目視出来ますが、その後拡散し、見えなくなります。
- 粒子の直径が小さくなるほど、肺の奥、さらには血管へと侵入しやすくなり、濃度上昇に従い、ぜんそく・気管支炎・肺や心臓疾患の発症リスクが増加、さらには肺がん・循環器系疾患による死亡リスクが増加すると言われています。
- 高齢者や年少者、すでに肺や心臓に疾患のある方のリスクは、健康な成人と比べてより高くなる傾向にあります。

図:VI-3-1 PM2.5の大きさ、人の呼吸器での沈着領域(概念図)
出典:平成24年3月付 「環境影響評価法に基づく基本的事項等に関する技術検討委員会報告書」
(環境省総合環境政策局)

【対策例】

- 大気汚染の警告が出ている場合等は、不要不急の外出を避けて可能な限り汚染への暴露を減らす。
- 外出する場合は、N95や、国家検定規格DS2などのマスクを着用するとともに、帰宅時はうがいを励行。

【よく頂くご質問と回答】

Q. 「PM2.5」対策として、どのマスクが効果的ですか。
A. 「N95マスク」や、国家検定に合格した「防じんマスク」は、「PM2.5」をはじめとした空気中に浮遊する粒子状の 物質の吸引リスクの低減に効果的です。

Q. 「サージカルマスク」は「PM2.5」対策に有効ですか。
A. 「PM2.5」の吸引リスクの低減に有効であることは、証明されていません。

Q. 「N95」と「DS2」はどう違うのですか。
A. 「N95」は、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格です。「DS2」は日本の規格です。 厚生労働省が定める基準をクリアしたものを「防じんマスク」と呼びます。12の区分がある中、「N95」と同等の 効果を得られるのが「DS2」です。

Q. 大気汚染の対策として「N95」(または「DS2」)は有効ですか。
A. 「N95」や「DS2」は、微細な粒子の吸引のリスク低減には効果がありますが、ガス状の有害化学物質の防御を保証するものではありません。大気汚染の原因が「PM2.5」のように空気中に浮遊する粒子状の物質であれば有効です。

*3M、Vフレックス、VFlex、フィルタレット、Filtreteは、3M社の商標です。
*Adobe、Adobeロゴ、Acrobatは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です


このページは、発表時のニュースリリースの内容を基に制作されています。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。