製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3Mジャパングループ > 会社概要 > ニュースリリース > 遮熱と断熱の2つの機能を持った透明窓用フィルム「3M™ シンサレート™ 断熱フィルム」を発売

新製品情報

高い透明性、遮熱性能に加え、トップクラスの断熱性能
世界に先駆け「3M™ シンサレート™ 断熱フィルム」を発売
~ 夏と冬とそれぞれの省エネ・快適性を実現~

発表日:2014年9月5日

PDF

ニュースリリースファイルダウンロード

スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:三村浩一)は、遮熱と断熱の2つの機能を持った透明窓用フィルム「3M™ シンサレート™ 断熱フィルム(3M™ Thinsulate™ Window Film Climate Control Series)」の受注をこのほど開始し、9月下旬から出荷を開始します。オフィス・住宅に貼ることにより、冬の暖房効率を高め、夏場だけではなく冬の省エネも実現できる窓用フィルムです。本製品はグローバルで展開する3M社の新製品として、世界に先駆けて日本市場に導入します。

昨今の省エネ・節電への意識の高まりから、オフィスビル、商業施設などを中心に夏季の空調負荷の軽減に効果的な窓用の遮熱フィルムを導入する動きが加速しています。中でも地震をはじめとした災害時にガラスの飛散を抑制する機能を持つ透明な遮熱フィルムを採用するケースが増えています。

一方で、寒冷地や冬場では室温低下を抑制し、暖房効率を高める断熱性能を持った窓用フィルムへのニーズがあり、夏の省エネ対策やその他の機能を同時に実現できる窓用フィルムへの期待も高まっています。

本製品は3Mの独自の技術によって室内の熱を効率的に反射できるので、窓ガラスから室外へ出ていく熱量を約35%軽減する断熱効果を発揮し、室温低下を抑制します。また、高い透明性を保ちながら窓ガラスから室内へ侵入する日射熱を約35%カットする遮熱効果があり、夏季の室温上昇も抑えることができます。

【製品の主な特徴】

断熱性
  窓用フィルムではトップクラスの断熱性能を保持しており、冬季の暖房の熱の流出を約35%低減
熱割れしにくい
  日射吸収率の低減により、これまで熱割れのリスクの高かった箇所など施工可能な範囲が拡大
透明性
  可視透過率が76%あり、屋外からも室内からも景観を損ねない透明性
遮熱性
夏の省エネに役立つ日射熱を約35%カットする遮熱性能

【断熱性能実験】

サーモグラフィーカメラを使った断熱性能を再現する実験において、本製品を貼った箇所では発熱体の熱を反射し高い断熱性能を持っていることが示されました。


サーモグラフィーカメラによる断熱性能の再現実験
(枠内の左側はガラスのみ、右側に本製品を施工)

【製品の主な仕様】

3M™ シンサレート™ 断熱フィルム

熱還流率 日射
吸収率
可視光線
透過率
遮蔽係数 幅×長さ 厚み 飛散防止
性能
3.8W/㎡K 20% 76% 0.64 1524㎜×30m 94μm あり

上記は3mm厚フロートガラス貼付時。JISA5759に基づく。

設計施工価格は19,000円/㎡です。

製品に関する問い合わせは

TEL:0570-012-123(ナビダイヤル)

*3M、シンサレート、Thinsulateは、3M社の商標です。
*Adobe、Adobeロゴ、Acrobatは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です


このページは、発表時のニュースリリースの内容を基に制作されています。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。