製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

新製品情報

世界初!特殊表面加工で樹脂をしっかり固定、造形物をきれいに外せる
3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート3099AB
PLA樹脂だけでなく造形が難しかったABS樹脂の造形の精度が大幅に向上

発表日:2016年10月4日

PDF

ニュースリリースファイルダウンロード

スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:デニース・ラザフォード)は10月4日、ABS樹脂、PLA樹脂を使った3Dプリンターの造形印刷時に樹脂をしっかり固定し、印刷後は簡単にはずすことができるシート、「3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」を発売します。

3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB(左)と使用イメージ(右)

現在、建築や医療、様々な産業・分野で型、治具、試作品など幅広い用途で3Dプリンターが多く活用されています。簡単に造形ができる一方で、造形の作業を進めていても造形物が反る、造形物がはがれてしまう、取り外しにくいため外す際にせっかく作った造形物を破損させてしてしまう、取り外した面の底が凸凹になるなど、目的としていた造形物を作るのに課題が多く存在していました。こうした失敗が重なることは3Dプリンターでスピーディに造形物を作る必要のあったユーザーにとって、樹脂と時間を無駄にする結果となり、多くの方が不満を持っていることが分かりました。

今回発売する「3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」は市場で多く使用されている、熱で溶かした樹脂を使って造形を行う「材料押出堆積法(FDM)」の3Dプリンター向けのシートです。樹脂を押し出して印刷を行うプラットフォームに本製品を貼り付けることで、ABS樹脂、PLA樹脂の印刷の造形の精度を大きく向上させることができます。

本製品は耐熱性のある特殊ポリエステルフィルムを採用、その表面にナノレベルの微細な凹凸構造をもつ世界初の特殊な表面加工を施しました。これにより印刷時にがっちりと樹脂を固定し、冷却時に収縮しやすく造形がむずかしかったABS樹脂であっても変形を起こしにくく、成形物の反りを軽減します。また印刷後は成形物を簡単に取り外すことができ、取り外した底面も鏡面仕上げの美しい状態となります。本製品には耐熱性のある粘着シートを採用しており、プラットフォームを加温して使う場合にも適しています。

製品の特長をまとめた動画:https://youtu.be/fkjDJs07LVU

【製品仕様】

製品名 サイズ 入数 価格
3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 210mm×180mm 3枚 オープン

※本製品はオンラインショッピングサイトをはじめ、3Dプリンターに関する商材を取り扱う電材商社を通じて販売します。

3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099ABに関するお問い合わせは

カスタマーコールセンター TEL: 0570-011-007

*3Mは、3M社の商標です。
*Adobe、Adobeロゴ、Acrobatは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。


このページは、発表時のニュースリリースの内容を基に制作されています。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。