グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする
会議における問題解決方法 > 簡易な会議や打ち合わせに便利なホワイトボードフィルムの活用方法

会議や打ち合わせに便利なホワイトボードフィルムの活用方法

アイデア出し会議を始める前の問題

ホワイトボードが無い/足りない

  • ホワイトボードがある会議室が限られている
  • ホワイトボードの移動が面倒
  • 会議室を取るまでもないミーティングだけど、ホワイトボードがあると便利
解決方法

壁に貼るだけで手軽にホワイトボードが手に入る。
ポスト・イット® ホワイトボードフィルム

はく離フィルムをはがして貼るだけで設置が完了

はく離フィルムをはがして貼るだけで設置が完了

会議室の全ての部屋にホワイトボードが入っていれば、会議室を取り合うこともないのに…。
しかし、実際にホワイトボードを各部屋に導入したら、コストやスペースもそれなりにかかるものです。
そんなときにはポスト・イット® ホワイトボードフィルムがおすすめ。壁に貼るだけで簡単にホワイトボードが手に入るので、会議室の壁に限らず、休憩スペースや使っていなかった部屋、ちょっとした空きスペースが、カジュアルな打合せのスペースに生まれ変わります。

  • 手狭なスペースの活用に

    手狭なスペースの活用に

  • ワイドなホワイトボード作りに

    ワイドなホワイトボード作りに

  • テーブル/デスクにも貼れる

    テーブル/デスクにも貼れる

ポスト・イット® ホワイトボードフィルムをチェック!

  • 粘着タイプだから、貼れる場所いろいろ!
  • 設置工事の必要なし、カンタンにカットできる!
  • 手狭なスペースの有効活用も、広い壁面を利用した本格的なクリエイティブルーム作りも、思いのまま
ポスト・イット® ホワイトボードフィルム製品紹介ムービーはこちら
ポスト・イット® ホワイトボードフィルム製品紹介ムービーはこちら

ポスト・イット® ホワイトボードフィルム製品紹介ムービーはこちら

ポスト・イット® ホワイトボードフィルム

ホワイトボードの種類

ホワイトボードは以下のように多種多様な種類があります。

シート型

シート型とは、壁などに貼ることでホワイトボードとして利用できるシートタイプの製品を指します。壁だけでなく、すでに設置されている黒板の上に貼ることで、粉が出ず、書いた跡も残りにくいホワイトボードとして活用することもできます。

シート型には、貼り付け面に粘着性のないタイプ、フィルムをはがして粘着するタイプ、マグネットで貼ることができるタイプがあります。

シート型の一番の特徴は、場所を選ばず、自由に設置が可能なことです。会議スペースだけでなく、待ち合わせスペースや休憩スペースにシート型のホワイトボードを設置することで、臨時の打ち合わせもできます。また、普段の会議室とは違うリラックスした環境を作ることで、活発な意見交換も期待できるため、アイデア出し会議にもぴったりです。

複数のシートを組み合わせて自由なサイズのホワイトボードを設置できます。壁一面をホワイトボードとして利用したり、スペースを取らずにホワイトボードを設置することも可能です。また、壁だけでなく、机やテーブルにシートを貼るなど、使い方はさまざまです。

壁面型

壁面型とは、会議室や打ち合わせスペースの壁に常時設置するホワイトボードを指します。壁と一体型の場合は施工が必要となります。キャスター付きで移動できるタイプのホワイトボードも常設されることが多いため、広い意味ではここに含まれます。

会議室、セミナールーム、教室などで打ち合わせや講義を行う場合には、安定した状態で使える壁面型のホワイトボードが向いています。ただし、不要となった際や他の部屋に移動する際には、取り外し工事が必要になる可能性があります。

壁面型のホワイトボードには、無地のものだけではなく、スケジュール、当番や日直、営業担当の行き先などを書き込むための罫線付きのものもあります。また、キャスター付きや、屏風のような形のものなど、さまざまなタイプのものがあり、用途に応じて使い分けできます。

インタラクティブ型

インタラクティブ型は、機能面での分類です。たとえば、PCとプロジェクターをつないで、用意した資料をホワイトボードに投影できたり、ホワイトボードに書いたものをPCに保存する機能が付いたホワイトボードを指します。

インタラクティブ型は情報のやり取りが可能です。たとえば、インタラクティブ型のホワイトボード用フィルム「3M™ インタラクティブホワイトボードフィルムIWB-600」なら、PCとプロジェクターをつないでホワイトボードに投影した資料に、デジタルペンを使って補足情報などを記入することができます。

記入した情報はワイヤレス通信でリアルタイムにPC上へ描画されます。インタラクティブ機能を使用せず、通常のホワイトボードとしても使用できます。

インタラクティブ型のホワイトボードでは、デジタルペンでスクリーン上に追加した情報がリアルタイムで資料に反映されます。また、更新した資料がPCに保存されているため、会議終了後に議事録として配布することも可能です。

シート型ホワイトボードには、取り外しが簡単なマグネットタイプと、固定型の接着施工タイプがあります。最適なシート型ホワイトボードを用いることで、以下のようなメリットがあります。

  • 壁、黒板、机、テーブルなどの場所をホワイトボードスペースにすることができます。
  • 複数のシートを組み合わせ、壁一面を使ったワイドなホワイトボードにすることも可能です。
  • 通常のホワイトボードが設置できない狭い場所でもホワイトボードを設置することができます。
  • 不要になった際にも取り外しや保管、処分などが比較的容易です。

ホワイトボードと併せてポスト・イット® 強粘着ノートを活用するとより効果的

ホワイトボードは、ポスト・イット® 強粘着ノートを貼る場所としても最適です。
ポスト・イット® 強粘着ノートに書いたアイデアをホワイトボードに貼り、グループ分けするために移動させたり、それぞれのアイデアをつなぎ合わせるためにホワイトボードに書き込んだり、ポスト・イット® 強粘着ノートと組み合わせることで、さらに効果的に使うことができます。

  • アイデアや情報をポスト・イット® 強粘着ノートに記入してもらうことで、各参加者がホワイトボードに直接記入する手間が省けます。
  • ポスト・イット® 強粘着ノートをホワイトボードに貼ったり、はがしたりすることで情報の追加、削除がスムーズに行えます。
  • ポスト・イット® 強粘着ノートに記入されたアイデアや情報を分類したり、優先度順に並べ替えたりすることが容易になります。
PDFダウンロードミーティングソリューション™ ガイドブックをDL
このページのトップへ

3M、Post-it、ポスト・イット、ミーティングソリューション、Meeting Solutionsは、3M社の商標です。