グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする
会議における問題解決方法 > ペイオフマトリックスを使った集まったアイデアの整理方法

ペイオフマトリックスを使った集まったアイデアの整理方法

アイデアを出した後の問題

集まったアイデアを整理するのが大変

  • たくさん集まったアイデアを評価したけれど、どうまとめるのがよいだろう
解決方法

「ペイオフマトリクス」で、アイデアの評価結果を見える化する!

一般的な問題解決であれば、この技法でアイデアの優劣を結論づける事ができます。
ポスト・イット® 強粘着ノートに書いたアイデアを、バタフライテストなどで評価した後、「効果」と「実効性」の2軸で整理することで、アイデアの優劣を見える化して評価することができます。
この軸については、テーマや目的により「費用・リソースがかからない」、「市場規模が大きい」などの相関しない価値を含んだ基準で置き換える事が可能です。
ポスト・イット® イーゼルパッドに貼って整理することによって、アイデア全体とその評価結果を示しやすくなり、また成果物として保管しておけば、後で振り返ったり、チーム外に説明したりするときに便利です。

ペイオフマトリクスの方法
目的
アイデアの評価結果をまとめる
所要時間
〜5分
人数
1人〜6人
手順

①マトリクスを作る

ペイオフマトリクスの手順1-マトリクスを作る

2軸で整理することで、アイデアの優劣を見える化して評価することができます。この軸については、テーマや目的により「費用・リソースがかからない」、「市場規模が大きい」などの相関しない価値を含んだ基準で置き換える事が可能です。

②マトリクスにアイデアを配置する

ペイオフマトリクスの手順2-マトリクスにアイデアを配置する

バタフライテストをした後であれば、協議せずに一気に振り分けができます。基準の適合度や、バタフライテストでつけたカラーシールの数を基準に、貼り付ける位置を変えましょう。各マトリクス内でも、評価の高低によって位置を変えるのがポイントです。

③評価する

ペイオフマトリクスの手順3-評価する

「効果」と「実効性」の2軸で整理した場合は、実行しやすく、効果が高いものを一目で見てわかるようになります。

ポスト・イット® 強粘着ノートをチェック!

  • 粘着力が約2倍(当社通常粘着製品比)
  • しっかり貼れてきれいにはがせるから、壁などの垂直面に貼るのにピッタリ
つきにくいところにもしっかり貼れる
つきにくいところにもしっかり貼れるポスト・イット® 強粘着製品

つきにくいところにもしっかり貼れるポスト・イット® 強粘着製品

ポスト・イット® 強粘着ノート ネオンカラー 654-5SSAN

ポスト・イット® イーゼルパッドをチェック!

  • 大判サイズの台紙つきパッド
  • 1枚ずつはがして壁に貼ることができる
  • 持ち運びできるので、会議、ワークショップ、プレゼンなど色々な用途に
  • 使い方に合わせた2タイプ
    • 壁に掛けたり市販のイーゼルに立て掛けて使うタイプ EASEL560
    • 組み立て式で、そのままテーブルなどに EASEL563
イーゼルなどに立て掛けて使える

イーゼルなどに立て掛けて使える

ポスト・イット® イーゼルパッド EASEL560
組み立てて、テーブルの上に置いて使える

組み立てて、テーブルの上に置いて使える

ポスト・イット® イーゼルパッド EASEL563
PDFダウンロードミーティングソリューション™ ガイドブックをDL
このページのトップへ

3M、Post-it、ポスト・イット、ミーティングソリューション、Meeting Solutionsは、3M社の商標です。