グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする
会議に関する調査結果

アイデア出し会議やファシリーテーションの悩みや工夫についてのアンケート調査

会議に費やす平均時間は年間159.1時間?会議効率をアップする秘策を伝授!

あなたの会社のその会議、本当に必要ですか?3Mが実施した調査によれば、会議に費やす平均時間は、なんと年間平均159.1時間!残業の原因となっているのは、日々行われている無駄な会議の積み重ねかもしれません。

プレミアムフライデーがスタートした今、心おきなく金曜日を楽しむためにも、会議の効率化を考え、無駄な時間は短縮しつつ、素早く結論を出すための方法を試してみませんか?

「眠くなった会議」はファシリテーターの進め方が原因?
~ファシリテーターが知っておくべき「発言しやすい会議」を実現する会議の進め方とは~

会議で眠くなる人を出さないようにするためには、積極参加してもらうこと、つまり、「発言してもらうこと」がポイントになります。しかし、多くの人が発言するには「心理的なハードルが高い」と感じているのが現状のようです。そこで、参加者全員が話しやすい環境をつくり、個々の発言を引き出すファシリテーション術をご紹介します。

「会議」を救うのは、会議室から離れることだった!?環境を変えれば、意見交換も活発に ~ポスト・イット® 製品があれば、いつでも・どこでも会議が可能~

「会議室を予約しようとしたら、会議室が埋まってる…」と困っている人、結構いるのではないでしょうか?特に、何かと会議が増える新年度は、会議室不足に悩む人も多いはず。

今回は、社内会議に週1回以上参加している正社員・契約・派遣25~45歳の男女1,333名を対象に、会議室不足の実態や、会議室以外で会議を行うことのメリットについてアンケート調査を実施しました。
「会議をする場所は“会議室”」という概念が当たり前となっていますが、会議室ではなく、いつもと違う環境で行ってみたらうまくいったというケースが意外とあるものです。“会議室”から離れてみることで、会議そのものの内容がどう変化するのか、会議室以外で会議することのメリットなど、あなたも参考にしてみませんか?

「ふせん/粘着メモ」に書き出すと、新しいアイデアを思いつく人が増加!
ポスト・イット® 製品が企画会議のお悩み解決~

「企画会議が停滞し、時間ばかりが過ぎていく…」。ファシリテーターとして会議を進行する際、そんな焦りを感じる人も少なくはないのでは?

そこで今回、企画会議に月1回以上参加している正社員・契約・派遣25~45歳の男女400名に、企画会議中の課題についてアンケート調査を実施。ファシリテーター経験者が一体どんな課題を抱え、どんな工夫をしているのか、サクサクと進行し実りある会議にするためのヒントを探ってみました。

PDFダウンロードミーティングソリューション™ ガイドブックをDL
このページのトップへ

3M、Post-it、ポスト・イット、ミーティングソリューション、Meeting Solutionsは、3M社の商標です。