グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする
  • story1 マスクには種類がある
  • story1 N95とDS2の違い
  • story3 災害時にも欠かせないマスク
  • story4 2週間分の備蓄が必要です
  • story5 正しく装着しないと効果が半減
  • story6 正しい装着方法とは
  • story7 除染作業にも使える3M™ Vフレックス™ 防じんマスク
  • story8 PM2.5, PM1.0などの粒子状物質から呼吸を保護するために
  • story9 花粉とPM2.5が一緒になると…
  • ご購入はこちらから 3M オンラインストア

story2「N95とDS2の違い」

N95防護マスク、防じんマスクはPM2.5やPM1.0対策にも有効です。

N95とDS2の性能はほぼ同等です。マスクを正しく装着し、顔にフィットさせれば、PM2.5や、ウイルスや放射性粉じんの吸入リスクを低減する目的にはどちらのマスクも有効です。

サージカルマスクの煙の漏れ込みのイメージ図:顎が出やすく口から吸入。鼻のすき間からも入り込む。

在中国日本大使館は2013年1月14日付「北京市等の大気汚染について」の中で、外出する場合に着用するマスクの種類として「N95」を挙げています。

N95は米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が定めた規格で、DS2は日本の厚生労働省が定めた規格です。各々の規格に合格したマスクにはN95またはDS2の表示がされています。日本国内の労働作業現場でマスクを使用する場合は、国家検定品を使うことが法令で義務付けられていますが、ウイルスや震災対策、粒子状物質(PM2.5)対策にはN95、DS2どちらも吸入リスク低減に有効です。。
ただし、市販されているサージカルマスク(フェイスマスク)など検定に合格していないマスクは、ウイルス等の吸入リスクを低減する目的には使用できません。せっかく購入したマスクが無駄にならないように、マスクの使用用途をはっきりさせて購入することをお勧めします。

技術資料『粒子状物質(PM2.5)からの呼吸保護について』(PDF)

3M™ Vフレックス™ 防じんマスク より安全なDSタイプ登場!!「有害物質から身を守る」ことが身近で快適なものに。