メインコンテンツへスキップする

3M™ VHB™ アクリルフォーム構造用接合テープ(一般用途)
レギュラータイプ

白色:
Y-4914/Y-4920/Y-4930/Y-4950/Y-4955/Y-4959
黒色:
Y-4929/Y-4949
塩ビ接着:
Y-4922/Y-4945
高透明:
Y-4905J/Y-4910J
製品写真

概要

VHB™アクリルフォーム構造用接合テープは、特殊技術により得られた柔軟で、強靭なアクリルフォーム基材の両側に、耐候性、耐薬品性に優れたアクリル系粘着剤をもつ新しい概念の接合材です。各種工業材料の接合に強力な接着力を発揮すると同時に、数々の付加価値が得られます。

ページトップ

用途

  • 各種化粧パネルの固定
  • 各種内装部材の取り付け
  • 鋼製ドアの中骨固定
  • 特装車補強材の固定
  • シール用途
ページトップ

特長

  • 強靭な接着力。独自の粘着剤と柔軟なアクリルフォームの応力分散効果により、強靭な接着力を発揮します。
  • 簡単な作業性。材料面の油・水・ホコリなどを除去し、貼り込みローラーなどで圧着するだけで完了します。
  • 接合部分の変形に追従し、残留応力が残らない。
  • 反発力を吸収する高い剥離強度。
  • 常温感圧型接着タイプ。
  • 面接合により応力集中を防ぐ。
  • 高いシール性。
  • 耐候性に優れ、屋外での使用が可能。
  • 振動吸収性に優れている。
  • レギュラータイプは、最も高い剥離強度を持っています。 
  • 塩ビ接着タイプは、塩化ビニールや各種塗装面に対する接着性に優れています。
  • 高透明タイプは、透明なため接合部が目立たず、各種外装材・内装材の意匠性向上ができます。
ページトップ

基本的な施行方法

  • (1)下地処理

  • (2)テープの貼り付け

  • (3)剥離紙を剥がす

  • (4)圧着

ページトップ

使用方法

  1. 接着する材料表面の油分、水分、ほこりを除去する。
  2. 圧着はプレスまたはローラー等の治具により、接合部に50N/cm2以上の圧力を加えて接着する。
  3. 室温が10℃以下の場合は、テープ及び被着体を加温し、接着時にテープ及び被着体ともに20℃以上であることが望ましい。
  4. 接着しにくい材料には、専用プライマーにより接着性を向上させることができますので、ご相談下さい。
  5. テープは直射日光を避けた室内にて保管して下さい。
ページトップ

製品の特性

製品番号 テープ ライナー
基材 粘着剤 厚み
mm
接着力
N/cm
材質
【白色】
Y-4914 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 0.25 27 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
Y-4920 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 0.40 40 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
Y-4930 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 0.64 49 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
Y-4950 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 1.14 67 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
Y-4955 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 2.00 41 ポリエステル 透明
Y-4959 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 3.00 40 ポリエステル 透明
【黒色】
Y-4929 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 0.64 39 ポリエステル 透明
Y-4949 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 1.14 44 ポリエステル 透明
【塩ビ接着】
Y-4922 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 0.40 40 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
Y-4945 アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 1.14 67 平面紙 白/赤色
VHBマーク入り
【高透明】
Y-4905J アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 透明 0.50 25 ポリエステル 透明緑
Y-4910J アクリルフォーム
レギュラー
アクリル 透明 1.00 40 ポリエステル 透明緑
  • ※上記数値は測定値です。保証値ではありません。
ページトップ

テープの構造

構造図
ページトップ
ページトップ
  • 製品番号検索
  • 製品一覧

お問い合わせ

  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは、ナビダイヤル:0570-011-511。ナビダイヤルがつながらない時は03-6409-3800。カタログ資料請求はFAX:0120-282-369。受付時間:8:45~17:15、月~金(土・日・祝日・年末年始は除く)

各種カタログ・データシート

  • カタログはこちら
  • データシートはこちら
  • MSDSはこちら