製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3M™ 制振ダンパー

ビル用、住宅用に、各種の制振ダンパーがラインナップされました。従来の粘弾性ダンパーだけではなく、新たに開発した摩擦ダンパー、これらを組み合わせたハイブリッドダンパーなど、建物毎の用途に応じて提案可能です。風揺れ、床振動などの微小な揺れから大地震まで、様々な揺れを低減します。

制振ダンパーとは

エネルギーを吸収して揺れを低減

制振ダンパーは地震時のエネルギーを吸収し、建物の揺れを低減するものです。揺れを低減することで、地震対策として建物の損傷を低減することが可能です。また風揺れ対策として使用することで居住性を改善したり、床振動(歩行振動)なども改善したりすることが可能です。

ページトップ

設置形態

多様な形態が可能

制振ダンパーは、建築計画に応じて、ブレース型や間柱型、シアリンク型など様々な形態で設置することが可能です。建物が変形した際に、設置された制振ダンパーが変形してエネルギーを吸収します。また、製品ラインナップで用意された形状以外にも、形状を自由に設計することが可能です。

多様な形態

ブレース型

多様な形態

間柱型(壁型)

多様な形態

シアリンク型

ページトップ

3M™ 制振ダンパーのご案内

用途に応じて複数の制振ダンパーがラインナップされました。ビル用には粘弾性、摩擦、ハイブリッドダンパーの3種類、住宅用には摩擦、粘弾性の2種類の中から、最適なご提案が可能です。

3M™ ビル用制振ダンパー

ビル用の制振ダンパーとしては、以下の3種類をご用意しております。

摩擦ダンパー:

地震時には大きなエネルギーを吸収し、コストパフォーマンスの高い履歴型ダンパーです。

粘弾性ダンパー:

微小な風揺れ、床振動から大地震まで幅広くエネルギーを吸収します。

ハイブリッドダンパー:

粘弾性ダンパーと摩擦ダンパーを組み合わせたダンパーです。微小な揺れには粘弾性ダンパーが、地震時には摩擦ダンパーがエネルギーを吸収し、地震時の温度に対する性能変化が非常に小さい制振装置です。

3M™ 住宅用制震ダンパー

住宅用の制震ダンパーとしては、以下の2種類をご用意しております。

摩擦ダンパー:

K型の制震装置で、一定の荷重で頭打ちにして大きなエネルギーを吸収する履歴型制震ダンパーです。

粘弾性ダンパー:

小さな揺れから大地震まで幅広く対応可能で、形状の自由度が高い制震装置です。

ページトップ
  • 製品番号検索
  • 製品一覧

お問い合わせ

  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは、ナビダイヤル:0570-011-511。ナビダイヤルがつながらない時は03-6409-3800。カタログ資料請求はFAX:0120-282-369。受付時間:8:45~17:15、月~金(土・日・祝日・年末年始は除く)

各種カタログ・データシート

  • カタログはこちら
  • データシートはこちら
  • MSDSはこちら