メインコンテンツへスキップする
包装用製品

 医療機器用衝撃検知チップ

製品写真

概要

近年の病院の動向

高度医療のため精密医療機器を多用するようになり、臨床工学技師(CE:Clinical Engineer)を設置し、医療機器の中央管理をする病院が増えています。(医療法改正により07年4月よりすべての医療機関で、医療機器安全管理責任者をおく事が義務付けられました。医政指発第0330001号)

医療機器の衝撃によるリスク

輸液ポンプ、シリンジポンプなどの送液装置は、搬送中の落下・転倒による衝撃により薬液が規定量以上に流れすぎてしまうなどの誤作動をおこす可能性がありました。しかし、従来は報告が無い限り、衝撃を受けたかの特定をする事は、困難でした。

  • 輸液ポンプ

  • シリンジポンプ

ページトップ

特長

  1. 赤変し衝撃を受けた可能性があるものは貸し出さないというリスクマネージメント。
  2. 誰が見てもわかる客観性。
  3. 赤変させないように丁寧に扱うようになる事故抑止力。
  • ショックウォッチ®医療機器用衝撃検知チップが
    赤変している様子

寸法

寸法
ページトップ

使用方法

  • 裏面の剥離紙を剥がし、機器の側面上部の見やすい位置に貼り付け。
  • 使用後赤変していたら、流量をチェックする。
  • 正常な状態を確認後、新しいチップを貼り付け貸し出しを行う。
ページトップ

衝撃検知実験結果(輸液ポンプの場合)

表:実験結果

ページトップ

ショックウォッチ® 医療機器用衝撃検知チップMCシリーズは、
下図の太線より強い衝撃を受けた場合に赤変します

図:対応する衝撃の範囲

ページトップ

製品特性

製品番号 用途 入り数(枚/箱)
MC-65 低衝撃用 100
MC-35 高衝撃用 100

ご注意:ショックウォッチ® 医療機器用衝撃検知チップは、衝撃(G値)を計測する測定器ではありません。

※ショックウオッチはショックウオッチ社の登録商標です。

ページトップ
ページトップ
  • 「3Mの梱包ソリューション」梱包費用を削減できます。コストダウン率のシミュレーションはこちら
  • 製品番号検索
  • 製品一覧

お問い合わせ

  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは、ナビダイヤル:0570-011-511。ナビダイヤルがつながらない時は03-6409-3800。カタログ資料請求はFAX:0120-282-369。受付時間:8:45~17:15、月~金(土・日・祝日・年末年始は除く)

各種カタログ・データシート

  • カタログはこちら
  • データシートはこちら
  • MSDSはこちら

この製品の関連情報