メインコンテンツへスキップする
包装用製品

梱包費用を削減できます。3Mの梱包ソリューション

テープカット時に折り込みタブが作成できる。ハンドディスペンサー新発売!

3Mのトータル梱包ソリューション

多彩なテープ、梱包機械で梱包作業の効率化、コストダウンに貢献しています。

  • 写真:包装用テープ
  • 写真:製封緘機
  • 写真:ハンドディスペンサー

OPPテープのポイント

クラフトテープに比べて、下記のメリットがあります。詳細は各メリット画像をクリックしてください。

ご採用いただいている業界

加工食品、青果物、医薬・化粧品、電気通販など多岐にわたる業界で採用いただいています。

製品についてもっと知りたい、購入先を知りたい、サンプル請求をしたい等のお問い合わせはお気軽に下記フォームから

包装用テープのお問い合わせ・サンプル請求はこちら

コスト削減

クラフトテープより最大30~40%安価

  • 貴社のコストダウン額を計算してみませんか?

大量低コスト製造により、一般的に国産のクラフトテープよりコストを下げることが可能

図:クラフトテープより最大30~40%安価
ページトップ

生産性向上

封緘機用の同径ロールでも長さが3倍

図:封緘機用の同径ロールでも長さが3倍

大量低コスト製造により、一般的に国産のクラフトテープよりコストを下げることが可能

ページトップ

作業成向上

荷崩れ防止に有効的

図:荷崩れ防止に有効的

優れた強度と粘着性により、物流ラインでの作業性が向上します。

タブシステムで剥がしやすく!

3Mのタブシステムは、テープにタブ(つまみ)をつけながら製封できる画期的なシステムです。開封作業ではカッターなどを使わずにすみ、作業性が高まります。

システム フロントタブシステム 折り込みタブシステム サイドタブシステム
タブ方法 ダンボール封緘時にOPPテープの前後に開封用のタブ(つまみ)を貼り付けます。 ダンボール封緘時にOPPテープの片側を内側に折り込み、タブ(つまみ)を形成します。 ダンボール封緘時にOPPテープの長手方向の片側を折り込みます。
図:フロントタブシステム 図:折り込みタブシステム 図:サイドタブシステム
特長 視認性良好。前後から容易に開封可能。 ランニングコスト¥0。片側のみ用意に開封可能。 ランニングコスト¥0。ハンドディスペンサーでの作業も可能。
ランニングコスト
(上フラップのみ
取り付けた場合)
¥0.29/ケース(50mm×15mm×2枚使用時) ¥0 ¥0

テープカット時に折込みタブ作成できるハンドディスペンサーが新登場!

写真:ハンドディスペンサー FD50写真:使用例

新登場の3M邃「 ハンドディスペンサー FD50では手作業時テープカットと同時に折り込みタブを作成することができます。

ページトップ

リサイクル性向上

分離が簡単

図:分離が簡単

段ボール再生工程時の完全分離除去が可能。リサイクル性が向上します。

ダンボールの再生・リサイクルに。

リサイクル時、段ボールについたOPPテープ、クラフトテープは共に禁忌品とされません。※1
これはOPPがリサイクルの工程中で分解・溶出せず、異物として完全な除去が可能で、再生紙の品質を下げることがないとされているためです。しかし、クラフト紙の場合、含有するポリエチレンが細分化され、再生紙の中にまぎれ、表面に出てしまう可能性もあるとされています。※2

  • ※1 (財)古紙再生促進センター「'09古紙標準品質規格」より 
  • ※2 ドイツRESY社、米国ウエストミシガン大学にて確認

古紙のリサイクル工程

図:古紙のリサイクル工程
図:3M OPPテープ

3M OPPテープ

図:一般的なクラフトテープ

一般的な
クラフトテープ

ページトップ

信頼性向上

落下などの耐衝撃性に強い

図:信頼性向上

優れた強度と粘着性により、衝撃から荷物を守ります。

ページトップ

環境に配慮

粘着剤塗布工程において有機溶剤やオゾン層破壊物質を使用しておりません

粘着剤塗工工程において、環境に対して有害になるような物質は使用していません。また、完全燃焼時においては有害ガスなどの発生もありませんから、安心してご使用いただけます。

オゾン層破壊物質を含んでいません。
製造工程中で、オゾン層破壊物質を使用しておりません。
有機溶剤を使用していません。
粘着剤の塗工工程において、有機溶剤を使用しておりません。
燃焼後は、ほとんど二酸化炭素と水になります。
基材となるOPPも粘着剤(ゴム系、アクリル系)も、原材料はC(炭素)とH(水素)で構成されています。
包装用テープのお問い合わせ・サンプル請求はこちら
ページトップ
ページトップ
  • 製品番号検索
  • 製品一覧

お問い合わせ

  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは、ナビダイヤル:0570-011-511。ナビダイヤルがつながらない時は03-6409-3800。カタログ資料請求はFAX:0120-282-369。受付時間:8:45~17:15、月~金(土・日・祝日・年末年始は除く)

各種カタログ・データシート

  • カタログはこちら
  • データシートはこちら
  • MSDSはこちら