グローバルナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

マスキングテープ 世界の自動車塗装のロングセラー

テープの完成が3Mの企業文化「ブートレッギング」を生み出しました。

3M製品開発ストーリーへ戻る

テープの完成とブートレッギングの始まり

しかたなくドルーは以前の研磨材の職場に戻りましたが、マスキングテープの開発をあきらめたわけではありませんでした。こっそりと研究を続けていたのです。

ドルーの悩みはテープの基材として最適な紙が見つからないことでした。ところがある日、耐水研磨材の実験に使う紙を探しに倉庫に行ったドルーは、埃塗れになって転がっていた紙のロールに目を留めました。それはタオルのようにしわがあり、吸水性のあるクレープ紙で、しわのお陰で伸縮性がありました。ドルーは研磨材の実験のことなどすっかり忘れ、すぐにそれでマスキングテープのサンプル作りに熱中しました。そしてついに満足のいく製品ができることを確信したのです。

ある日、研究に夢中になっているドルーの姿が通りかかったマックナイトの目に留まりました。しかし彼はチラリと見ただけで、何も言わずに通りすぎていきました。この一件が、上司から認められていない研究でも、自分が正しいと信じるなら続けても良しとする3Mの企業文化『ブートレッギング(密造酒作り)』の原点と言われています。

最終的に、3Mはこの製品をスコッチ®ブランドマスキングテープと名づけました。現在まで続くスコッチ®ブランドはこうして誕生したのです。