製品別ナビゲーションへスキップする メインコンテンツへスキップする

3Mジャパングループ > 会社概要 > ニュースリリース > 3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプネッツトヨタ高崎が「ドアハンドル プロテクションフィルム」として採用

3M News

耐スクラッチ性、施工作業性が高評価
3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)
ネッツトヨタ高崎が「ドアハンドル プロテクションフィルム」として採用

発表日:2012年7月5日

PDF

ニュースリリースファイルダウンロード

住友スリーエム株式会社(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:三村 浩一)の3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)を、ネッツトヨタ高崎株式会社(本社:群馬県高崎市 代表取締役社長:横田 衛)がオプション品として採用しました。

3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)は、耐候性や耐摩耗性に優れた無色透明のフィルムです。チッピング対策としてフェンダーに貼ることで傷つきを予防するなど、車体の塗装保護に効果を発揮します。

ネッツトヨタ高崎では、女性向けの特別装備11アイテムを追加したオリジナルモデル「新なでしこヴィッツ」、「新なでしこアクア」を販売しました。女性のファッションとしてネイルアートが浸透している中、乗降時に触れるドアハンドル周りの塗装を傷めるケースが散見されています。この特別装備に含まれる「ドアハンドル プロテクションフィルム」は、乗降時に必ず触れるドアハンドル周りの塗装を保護することにより新車時の塗装の美しさをより長く保つもので、3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)を採用しています。

「ドアハンドル プロテクションフィルム」は納車前にネッツトヨタ高崎にて貼付施工されています。採用された3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)は、新車の塗装を保護する性能とともに、貼り付け作業の際の気泡が抜けやすく施工作業性が高いとして評価されています。


ネッツトヨタ高崎のオリジナルモデル「新なでしこヴィッツ」、「新なでしこアクア」に
特別装備として含まれた「ドアハンドル プロテクションフィルム」。


自動車のキーを使ったデモンストレーション。鋭利な先端で突いても破断しないことから、耐チッピング性能に優れていることがよくわかる。(写真は、3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード


3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)では、3M独自の特殊構造を持った粘着剤により、貼り付け時に空気が抜けやすく、スピーディーにきれいな仕上がりを実現できる。

*ヴィッツ、アクアはトヨタ自動車株式会社の商標です。
*3Mは、3M社の商標です。
*Adobe、Adobeロゴ、Acrobatは Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です

3M™ カーラッピングフィルム スクラッチガード に関するお客様お問い合わせ先

カスタマーコールセンター TEL: 0570-011-211



このページは、発表時のニュースリリースの内容を基に制作されています。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。